そもそも更年期とは?

画像: そもそも更年期とは?

45~55歳ごろの約10年間は女性の「更年期」。この時期に当たる女性は、国内で約850万人です。 この頃の年齢の女性は、女性ホルモンの分泌が減少することで、ホルモンバランスが乱れ、体調の変化や不調を感じるようになります。

近年、女性のライフスタイルが大きく変化していることもあり、更年期自体がこれまで以上に深刻な問題となってきています。

2017年10月に(株)日本ヘルスケアアドバイザーズ(NHA)が行った、30~50代の女性1358名を対象にした調査では、半数以上の人が更年期障害のような症状を抱えていると判明。さらに50~55歳の女性に関しては7割以上の方が不調を感じているという結果でした。

また、まさにこの時期、冬や春、季節の変わり目などは症状が悪化傾向にあると言います。気圧や日照時間、そして環境の変化が大きくなる時期はとくに注意が必要です。

自分にはまだ関係ない、と思い込んでいると危険かも!?

更年期=ママ世代のもの、自分にはまだまだ関係ない・・と思っているかもしれませんが、上記の調査からもわかる通り、30代くらいから更年期のような症状を感じている人が実は多いのです。

症状も曖昧で、年齢的にも更年期とは思わず、内科、耳鼻科、整形外科と色々な病院を回るもなにが原因かわからない、なんてことになると厄介。早い段階で婦人科で更年期の検査を受けてみることも必要かもしれません。

画像: 自分にはまだ関係ない、と思い込んでいると危険かも!?

更年期の症状とは?

更年期の症状は、自律神経失調症、イライラや情緒不安定などの精神症状、腰痛や関節痛など体に現れる症状など多岐にわたります。

ストレスや、「誰にも相談できないこと」が症状を悪化させる原因に。夫婦関係や仕事にも悪影響を及ぼすこともあります。

更年期の対処法は?

画像: 更年期の対処法は?

更年期障害には女性ホルモンのバランスが大きく影響しているため、ホルモン治療が用いられますが、最近では漢方薬での治療も盛んです。

症状の個人差には“ストレス”が大きく関わっていますので、日頃からストレスを溜め込まないことも非常に重要です。
日々の生活に簡単に取り入れられることとして、ストレスを軽減するには適度な運動が有益です。また、打ち込める趣味などがあればそれももおすすめです。

もしかして更年期!?と思ったら...「更年期症状 簡単セルフチェックシート」

更年期症状のセルフチェックシートの存在をご存知でしょうか?
更年期障害とは、本人や家族の日常生活に支障をきたす場合を指します。
客観的に捉えることが難しいため、セルフチェックシートで今の自分の状態を理解することができます 。

画像1: もしかして更年期!?と思ったら...「更年期症状 簡単セルフチェックシート」
画像2: もしかして更年期!?と思ったら...「更年期症状 簡単セルフチェックシート」

気軽に相談できる窓口の利用を

■専門的な視点でアドバイス!漢方のプロに相談できる電話カウンセリング(法人)
(株)日本ヘルスケアアドバイザーズ

漢方薬やサプリメントを通信販売している日本ヘルスケアアドバイザーズでは、 商品を販売するだけではなく、スペシャリストである薬剤師・登録販売者による 電話カウンセリングを実施しています。お客様からの電話はすべて有資格者が対応。 人に話しづらい悩みでも、電話1本で相談できるという安心感で話題となっています。

■女性だからわかる安心感!女性の健康を応援する更年期障害専用窓口(協会)
女性の健康とメノポーズ協会
女性の更年期障害の窓口として電話相談や、セミナーなどを積極的に開催。 「女性の健康相談対話士」が電話口で、健康の症状や心のケアなどを実施しています。 1998年開設以来、更年期に関する相談が寄せられ電話相談記録票の累積件数は約4.5万件 (2017年3月現在)に上っています。

どうしたらいいかわからない、つらい更年期の悩み。更年期の自覚がある方も、もしかしたらと不安のある方も、気軽に相談できる上記のような窓口を利用してみるといいかもしれません。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.