日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、5月15日~6月30日まで、滞在プログラム「春の森グランピングリトリート」が提供されます。このプログラムには、星のや富士に隣接した森で過ごす時間が多く組みこまれています。森の力を借りながら心と身体を深いレベルでリラックスさせることで、健康や美容に気を遣うことの多い女性の悩み解消の手助けとなるような企画です。

画像: 自然の中で美容と健康を獲得する滞在プログラム「春の森グランピングリトリート」

樹木から分泌されている「フィトンチッド」という成分には、消臭・殺菌・防腐効果が認められています。それによって、森には清々しい空気が保たれ、また、その香りが人々を癒しへ導くといわれています。そこで星のや富士では、日々の忙しい生活に疲れぎみの女性や、日頃から美容意識の高い女性たちに向けて、フィトンチッドが充満する「森」を題材にした滞在プログラムを、季節ごとに開発。プログラム内容は、星のや富士がグランピングリゾートであることを活かし、自然の中で身体を動かし、健康と美容をみずから獲得すること(アクティブレスト)を大事にしています。特に春の森には、新緑が力強く芽吹き、一段と新鮮な空気が漂います。この芽吹きのパワーを取り込むことで、生き生きとした心身を手に入れることを目指し、開発されました。

ワイルド野点 (のだて)

画像: ワイルド野点 (のだて)

リゾートの敷地は、ドクダミやヨモギなどの野草が自生する豊かな土地です。プログラムではまず、隣接する森の中をスタッフと一緒に散策し、これらの野草を摘みます。摘んだ後は森の奥の静かな空間で、お茶づくりを行います。野草が持つ味の違いをスタッフと相談しながらブレンドし、好みの加減まで炒って香ばしさを出します。お湯を沸かす作業も、みずから薪を拾って火をおこすところから体験するワイルドな野点です。新緑の森をゆっくり歩くことで心身の穏やかさを取り戻し、力強く芽吹いた野草のお茶で、潤いと活力をチャージします。

森の空中シエスタ

画像: 森の空中シエスタ

野点に続き、星のや富士に隣接する森で、午後のお昼寝(シエスタ)を楽しみます。スタッフのサポートのもと、お客様自身が樹間にロープを渡して、空中にテントを設え、寝床づくりを行います。ほどよく身体を動かして心地よい疲れを感じた後に、身体の休息につながる昼寝を組み合わせることで、深い癒しを体感できます。

野草よもぎバス

画像: 野草よもぎバス

夜のおやすみ前には、キャビン(客室)のバスルームにて、他の野草とともに昼間摘んだ「よもぎ」をお湯に浮かべて身体を温めます。よもぎの爽やかな香りに季節を感じながら、じっくりと身体の芯まで温まることで、スムースな眠りを促します。

「春の森グランピングリトリート」概要
■期間:2018年5月15日〜6月30日*除外日あり
■料金:18,000円/1名(税・サービス料10%別、宿泊代別)
■定員:1日1組2名(最少催行人数1名)
■対象:満13歳以上の宿泊者
■予約:要
■含まれるもの:ワイルド野点・森の空中シエスタ・野草よもぎバス
■持ち物/服装:動きやすく暖かい服装、歩きやすい靴

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.