世界最大のフランスの化粧品会社ロレアルのブランドであるランコムは、2018年より世界的なチャリティプログラム「Write Her Future」をスタートしました。

力を合わせて、一緒にもっと幸せに。

この活動は、世界中に約7,600万人いると言われている基本的な読み書きができない若い女性のために、識字率を向上させる取り組みです。基本的な読み書き能力は身に着けているが、日常生活においてそれを満足に使えないため社会的地位が低くなり発言権を奪われている若い女性に向けて、女性が教育を受けられる権利を得て自分らしく生きる権利を主張できるようになることを目的としています。ランコムは、世界中の若い女性の読み書きの習得支援のために、今後5年間に少なくとも200万ユーロの資金を提供を予定しています。

画像: 力を合わせて、一緒にもっと幸せに。

世界的に活動を行っているNGO「CARE」とともに、識字プログラムに資金を提供しサポートコミュニティを立ち上げ

ランコムのアンバサダーである、ジュリア・ロバーツ、ケイト・ウィンスレット、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、リリー・コリンズ、イザベラ・ロッセリーニ、テイラー・ヒルをはじめ、ランコムのメイクアップアーティストのリサ・エルドリッジ、そしてマート・アラス&マーカス・ピゴット、アレクシ・ルボミルスキなどのクリエイターたちは、世界に広がるソーシャルネットワーク上に、この目的のために立ち上げられるコミュニティの最初のメンバーとなりました。

ランコムは「Write Her Future」のプログラムの世界的な取り組みを通して、若い女性の非識字問題に取り組んでいくとのことです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.