今年、創業90周年を迎える日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」。同館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」では5月13日(日)まで「猫都(ニャンと)の国宝展at百段階段~猫の都の国宝アート~」が開催されています。

画像: 招寝子/もりわじん作

招寝子/もりわじん作

画像: 二度見する人続出の羊毛アート リアル猫ヘッド/佐藤法雪作

二度見する人続出の羊毛アート
リアル猫ヘッド/佐藤法雪作

2017年開催された1回目の「福ねこ展」では、わずか19日間の期間中の総来場者数が3万人を超え、昨今の猫ブームを感じさせる企画展となりました。2018年は『猫の都「猫都(ニャンと)」でもし国宝展が開催されたら?!』をテーマに内容をパワーアップ!階段廊下でつながっている7部屋それぞれにテーマを設け、愛猫家としても有名な江戸時代末期の浮世絵師 歌川国芳の作品をはじめ、日本の国宝をモチーフにした作品や現代アート作品まで、総勢40名の作家による222(ニャンニャンニャン)点が並び、週替わりのリレー個展と合わせると累計総数約800点の猫作品が展示されています。

画像: 古本によって創られた張子 文庫張子夏目漱石/古本選堂

古本によって創られた張子
文庫張子夏目漱石/古本選堂

また「持ち帰れる福、あなたのための猫アート」をテーマにした猫グッズマーケットも同時開催。人気アーティストの1点ものからお求めやすい猫アート作品まで幅広く用意されています。歴史的に価値のある文化財で現代作家による猫をモチーフにした作品の数々をお楽しみください!

画像: 猫を抱く大仏/水谷満作

猫を抱く大仏/水谷満作

類稀な様式美に彩られた文化財を背景に、多彩な作品群を堪能いただける会場は撮影も可能(一部作品を除く)。肉球ソファなどのフォトスポットも用意されていますよ。

画像: 色鉛筆で描かれた秀作 紅白梅黒猫図/目羅健嗣作

色鉛筆で描かれた秀作
紅白梅黒猫図/目羅健嗣作

<企画展概要>
展覧会名: 「猫都の国宝展at百段階段~猫の都の国宝アート~」
開催期間: 2018年3月29日(木)~5月13日(日)
開催時間: 10:00~18:00(最終入館17:30)
入場料 : 当日 1,500円、学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料
会場  : ホテル雅叙園東京内 東京都指定有形文化財「百段階段」
お問合せ: 03-5434-3140(イベント企画 10:00~18:00)
主催  : ホテル雅叙園東京
後援  : 目黒区、めぐろ観光まちづくり協会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.