星のや軽井沢(長野県・軽井沢)で「水辺の夕暮ダイニング」開催

長野県・軽井沢の滞在型リゾート「星のや軽井沢」のメインダイニング「日本料理 嘉助」では、7月1日~8月10日の期間限定で、軽井沢の夏を満喫するBBQディナー「水辺の夕 暮ダイニング」を開催します。和の調味料「味噌だまり」で味わう、大人のためのBBQディナーです。

涼しい夏の夕暮れを満喫する 特別席でのBBQディナー

敷地内を流れる川から水が流れる「棚田」の一角に、屋外でBBQディナーが楽しめる特別席を設えます。軽井沢の夏の涼しさの中、準備や片付けなどの手間なく、別荘にいるような感覚で寛ぐ、優雅な時間を過ごしてほしい、という思いから、星のや軽井沢では毎夏、BBQプログラムを開催しています。例年、敷地内の「イチイの丘」にて日中実施してきましたが、2018年は、より涼しさを感じていただくのにふさわしい「棚田」へと場所を移し、夕暮れ時に開催することになりました。

画像: 涼しい夏の夕暮れを満喫する 特別席でのBBQディナー

短い夏の夜のはじまりを彩る、少し早めのディナーですが、緑に包まれた明るい午後から、夕陽が沈み、薄暮へと染まっていく景色の変化を食事とともに楽しむことができます。棚田に点在する約20本の小滝が奏でる水音と、ライトアップされた木々が幻想的な空間をつくる中、都内の暑さから解放され、 涼しい風が水辺を吹きぬける、軽井沢の夕暮れの快適さを心行くまで感じられます。

和の調味料「味噌だまり」で味わうBBQ

BBQは、関西で修行をした嘉助の料理長が、焼肉の「洗いダレ」を参考に、当ディナーのために考案したタレで味わいます。 七輪の炭火で焼いた肉は、「味噌だまり」と牛テールのスープを合わせたタレにくぐらせ、余分な脂を落とします。凝縮した味噌の風味と香り、 深い旨みが、脂を落としてさっぱりした、本来の肉の味を引き立てます。日々の暑さに疲れた身体にも優しい、食欲をかきたてる味わいです。

牛テールの炭火焼& 〆のテールスープかけ玄米ご飯

画像1: 牛テールの炭火焼& 〆のテールスープかけ玄米ご飯

BBQには夏野菜や、ロース・カルビなど3~4種の牛の部位の他、下ごしらえに時間がかかるため に、普段目にする機会が少ないといわれる「牛テール」をご用意。まず、厚さ7~8cmにぶつ切りにした、直径約10cmの牛テールを、生姜や葱などの香味野菜と共に約7時間炊きます。そうすることで脂が適度に落ち、ゼラチン質が溶け、骨からほろっと肉が外れるくらいに柔らかく仕上がります。その炊き上がった牛テールを、BBQで提供。表面を炭火で焼くと、外はカリカリ、中はとろとろ、香ばしい香りと旨みが口いっぱいに広がります。〆はテールスープをかけた玄米ご飯をご用意。肉の旨みを最後まで楽しめます。また、食後のデザートは、夏のフルーツを焼いて味わう「焼きフルーツ」を提供。甘酸っぱい味わいがBBQディナーの最後に涼やかさをもたらします。

画像2: 牛テールの炭火焼& 〆のテールスープかけ玄米ご飯
画像3: 牛テールの炭火焼& 〆のテールスープかけ玄米ご飯

「水辺の夕暮ダイニング」
■期間:2018年7月1日~8月10日(除外日あり)
■料金:18,000円/1名 (税・サービス料10%別)*宿泊代別
■時間:17:00~19:00
■定員:1日1組(2名まで)
■対象:星のや軽井沢宿泊者限定
■含まれるもの:先付け、BBQセット(肉・野菜、器具一式)、テールス ープかけ玄米ご飯、デザート
■予約:7日前24:00まで *別途宿泊予約必要
■予約方法:公式HP (https://hoshinoya.com/karuizawa/)もしくは電話 0570-073-066(星のや総合予約)にて要予約
■備考:雨天時は一部記載内容と異なります
星のや軽井沢
現代を休む日、谷の集落に滞在する。澄んだ空気に包まれた「山あいの理想郷」と表現すべく、離れになった客室は水辺を囲み、部屋のテラスから四季折々の景色をのぞめます。

所在地:〒389-0194 長野県軽井沢町星野
代表電話番号:0570-073-066(星のや総合予約)

画像4: 牛テールの炭火焼& 〆のテールスープかけ玄米ご飯
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.