ロッテの定番商品「チョコパイ」を、厳選した素材と濃厚さにこだわり、ケーキのように仕立てた商品「”生”チョコパイ」を開発。2018年4月19日より1年間限定で専門店がオープン!

鎧塚俊彦シェフ監修、こだわりの「"生"チョコパイ」

専門店は京王百貨店 新宿店にオープン。百貨店への店舗出店は、1948年の創業以降ロッテ史上初めての試みとなります。

画像1: 鎧塚俊彦シェフ監修、こだわりの「"生"チョコパイ」

「 “生”チョコパイ」は「Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)」のオーナーシェフ「鎧塚俊彦」氏がこだわり抜いた厳選素材と濃厚さを凝縮し、消費期限が2日の本格的な生品質を堪能できるチョコパイになっています。こちらはテイクアウトの生チョコパイ専門店で、1年間の期間限定です。

画像2: 鎧塚俊彦シェフ監修、こだわりの「"生"チョコパイ」

生チョコパイを鎧塚俊彦シェフが監修したら、ステキなおいしさ、幸せをもたらしてくれるであろうと想像ができます。自分のお店でも出していきたいというシェフもいました。

画像: 箱に入って販売されます。

箱に入って販売されます。

◆商品のご紹介

まるごと苺とピスタチオで仕上げた「FRAISIER(フレジェ)」
苺果汁がたっぷり染み込んだ濃厚な生地で、苺ジャムの果肉感とコクのあるピスタチオクリームが混ざり、口の中で幸せの味に変化します。

画像: FRAISIER〜苺とピスタチオ〜

FRAISIER〜苺とピスタチオ〜

宇治抹茶と焙煎くるみで仕上げた「UJI MATCHA(宇治抹茶)」
香り高いお茶のうまみを詰め込んだ濃厚な生地に、上品な味わいの宇治抹茶クリームと焙煎くるみとカスタードの美味しいハーモニー。

画像: UJI MATCHA〜抹茶とくるみ〜

UJI MATCHA〜抹茶とくるみ〜

中煎りモカコーヒーと自家焙煎のマカダミアで仕上げた「ETHIOPIA MOCHA(エチオピア モカ)」
モカコーヒーの濃厚な生地に、ミルキーなキャラメルソースとほろ苦いコーヒークリーム、自家焙煎のマカダミアが甘過ぎず大人の味を演出してます。

画像: ETHIOPIA MOCHA〜珈琲とマカダミア〜

ETHIOPIA MOCHA〜珈琲とマカダミア〜

ラム酒とカリフォルニア産レーズンを漬け込んだ自家製ラムレーズンで仕上げた「BABA」
ラム酒が香る濃厚な生地に、マイヤーズラムのソースとココアクリーム、自家製のラムレーズンが入っています。
特にBABAは今まで食べたラムレーズンスイーツの中でNo.1の美味しさ!
ワインを片手に家で大事に食べたくなる味です。

画像: BABA〜ラム酒とラムレーズン〜

BABA〜ラム酒とラムレーズン〜

画像: ◆商品のご紹介

普段のチョコパイとは一味違うナイフとフォークで食べたくなる特別なチョコパイは、自分へのご褒美や、訪問時のおもたせに、ぜひご賞味下さいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.