新進気鋭のガールズクリエイター3組とコラボレーション!ピンク色の街並みを表現してグランドオープン!
画像1: 「"せかいいち、かわいい"プリのお店」がコンセプトのプリ機専門店『moreru mignon』が舞浜イクスピアリに!

「"せかいいち、かわいい"プリのお店」がコンセプトのプリントシール機専門店『moreru mignon(モレルミニョン)』が東京ディズニーリゾート®内の商業施設「イクスピアリ®」にオープン。ピンク色でフォトジェニックな世界観を表現した"PINK GENIC(ピンクジェニック)"な内観が公開されました。なお『moreru mignon』が千葉県に出店するのは初めて。プリ機専門店としては日本最大級の広さです。

画像2: 「"せかいいち、かわいい"プリのお店」がコンセプトのプリ機専門店『moreru mignon』が舞浜イクスピアリに!

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店は、“特別なゲストになれる街”をコンセプトに、店舗装飾やサービスを展開するプリ機専門店です。フォトジェニックな世界観の中でプリ撮影や記念撮影を楽しむことができますよ。店舗では「PINK GENICなプリTOWN」をテーマに、今話題のガールズクリエイター「ステレオテニス」さん、「otome journal」さん、「伊波 英里」さんとコラボレーション。"SNS映え"するフォトスポットが並ぶピンク色の街並みを表現。メインオブジェの「PINK MONUMENT」や、巨大な本が壁や床から飛び出した「PINK GENIC BOOK STORE」、店舗情報をポップな映像で説明する「PINK TOWN TV」などが登場します。さらに、フリューの人気プリ機12台での撮影やメイクスペースの利用、オリジナルグッズの購入も可能ですよ。

スポット名   :PINK MONUMENT(ピンクモニュメント)
クリエイター  :ステレオテニス

画像: 『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店のメインオブジェ。ポップな配色と大胆なグラフィックが特徴です。公園をイメージした一角の中心には、アルファベット「P」の大きなモニュメントがそびえ立ちます

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店のメインオブジェ。ポップな配色と大胆なグラフィックが特徴です。公園をイメージした一角の中心には、アルファベット「P」の大きなモニュメントがそびえ立ちます

スポット名 :PINK GENIC BOOK STORE(ピンクジェニックブックストア)
クリエイター :otome journal

画像: 外国のアートブックストアをイメージ。トリックアートのような巨大な本のオブジェや、個性的な模様の壁と床での撮影が楽しめます。光る本のタイトルやビビットな色のしおりもポイント

外国のアートブックストアをイメージ。トリックアートのような巨大な本のオブジェや、個性的な模様の壁と床での撮影が楽しめます。光る本のタイトルやビビットな色のしおりもポイント

スポット名 :PINK TOWN TV(ピンクタウンティービー)
クリエイター :伊波 英里

画像: 店内の遊び方や注意事項を、『moreru mignon』の世界観をイメージしたTV番組風のポップな映像で放映。ピンク色のブラウン管はフォトスポットにも最適

店内の遊び方や注意事項を、『moreru mignon』の世界観をイメージしたTV番組風のポップな映像で放映。ピンク色のブラウン管はフォトスポットにも最適

スポット名 :marché mignon(マルシェミニョン)

画像: ピンク色を基調としたカラフルでフォトジェニックなお菓子や雑貨を販売する、ピンク色バス。一部商品は、『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店限定のパッケージとなっています。この他にも、カラーコンタクトも販売します。

ピンク色を基調としたカラフルでフォトジェニックなお菓子や雑貨を販売する、ピンク色バス。一部商品は、『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店限定のパッケージとなっています。この他にも、カラーコンタクトも販売します。

画像1: スポット名          :marché mignon(マルシェミニョン)
画像2: スポット名          :marché mignon(マルシェミニョン)

『moreru mignon』舞浜イクスピアリ店 概要
・営業開始日 :2018年4月25日(水)
・営業時間 :10:00~22:00
・所在地 :千葉県浦安市舞浜1-4 イクスピアリ 2F トレイル&トラック
・コンセプト :特別なゲストになれる街
・特徴
 :「PINK GENICなプリTOWN」をテーマに、3組の女性クリエイターとコラボレーションした店内で、
 フリューのプリ機での撮影やフォトスポットでの記念撮影、グッズ購入などをお楽しみいただけます。
・設備
 :プリ機12台、メイクスペース、“SNS映え”するモニュメントの設置、オリジナルグッズの販売など
・コラボレーションクリエイター
 :ステレオテニス
 クリエイティブディレクション
 (メインオブジェ、サービスカウンター、メイクアップサロン部門)
 :otome journal
  アートディレクション(ブックストア部門)
 :伊波 英里
  映像ディレクション(映像部門)

画像3: スポット名          :marché mignon(マルシェミニョン)
画像4: スポット名          :marché mignon(マルシェミニョン)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.