従来のイメージを覆す美しさから、廃墟をアート作品へと昇華した写真展「変わる廃墟展 2018」が静岡パルコで5月18日(金)~6月3日(日)に開催されます。東京・名古屋開催時と、展示レイアウトや作品を一部変更するなど、ただの巡回展ではない、美しき巡回展をお楽しみください!

画像1: 美しく朽ち果てる廃墟、最新作&臨場感溢れる動画作品を展示
画像2: 美しく朽ち果てる廃墟、最新作&臨場感溢れる動画作品を展示
画像3: 美しく朽ち果てる廃墟、最新作&臨場感溢れる動画作品を展示

朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!

通常、廃墟と聞いてまず思い浮かべるのは、朽ち果てた印象、そして心霊的印象が強いと思います。本展では、見ているだけで廃墟のイメージが180℃“変わる”廃墟のもつ“美しさ”に注目。タイトルにもある“変わる”とは、今まで持っていたイメージの転換を意味しており、息をのむほど美しい写真や物語を想起させられる作品は男女問わずに楽しんでいただけるはずです。静寂のなかに眠る美しさを体感いただける写真展です。また、会場内の特設ブースでは、プロジェクターによる動画作品の初公開も予定。まるでその場に行ったかのような臨場感が楽しめます。本展には、廃墟星景写真展などを行いInstagramフォロワー数が3万人を超える啝(@neji_maki_dori)や、iPhoneで撮影した作品が人気のSaltyBarbara、前回に引き続き、8st、krampusら全13組のアーティストが参加予定です。

画像1: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!
画像2: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!
画像3: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!
画像4: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!

【企画展概要】
企画展名: 美しき廃墟の合同写真&物販展「変わる廃墟展 2018 in 静岡」
開催日時: 2018年5月18日(金)~6月3日(日) 10:00~20:00
休館日 : なし
会場  : 静岡パルコ
      〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町6-7 2F特設会場
入場料 : 300円/3歳以下無料
出展者 : 13組(予定)
主催  : 株式会社BACON
【参加アーティスト】
■啝(わ) @neji_maki_dori
https://www.instagram.com/neji_maki_dori/
志免鉱業所竪坑櫓の佇まいに衝撃を受け、廃墟の世界に足を踏み入れて以降、全国津々浦々の廃墟を巡る日々を過ごす。近年は廃墟×星景の可能性に魅せられ、夜な夜な廃墟に出没している。主な活動として、2015年個展「失われた場所プラニスフィア」(オリンパスギャラリー)、「変わる廃墟展」(TODAYS GALLERY STUDIO)、マンフロットImagine More 「失われた場所について」記事連載、2016年「変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展」(TODAYS GALLERY STUDIO)、「失われた場所クロニクル 美しい廃墟カレンダー 2017」出版(翔泳社)、2017年個展「失われた場所プラニスフィア」(POINTWEATHER)などがある。
本展では「今はもう失われてしまった場所の記録」をテーマに展示予定。
■SaltyBarbara @saltybarbara
https://www.instagram.com/saltybarbara/
カメラ歴は3年にも満たず、ほぼインスタグラム歴と同じ。 もともとはiPhoneで撮影していて、 今でもiPhoneで撮った写真も多用している。「人様の心の琴線に触れるような作品」をテーマに展示会にもiPhone作品を出展予定。
■ふゅーりー @FURY_J
https://twitter.com/fury_j
人呼んで「孤高の廃墟探索家」。または自称「単独廃墟男子」。学生時代、待ち合わせ前に書店で何の気なしに手に取った栗原享著『廃墟の歩き方』を読んで廃墟探索に興味を持つ。以来全国300箇所以上の廃墟をほぼ単身で探索している。本展では「12年間にわたる廃墟探索の総括」をテーマに展示予定。
出展者は、上記ほか8st、krampus、ORGANIZE、104b0、hachi、Hellhammer、SHIKIBRAND、espinas3、hirade、Tommy、など、全13組を予定。

画像5: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!
画像6: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!
画像7: 朽ち果ててく美しさ…最新作&初の動画作品も!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.