ネスカフェ原宿が大正時代にタイムスリップ!喫茶店の前身として流行したミルクホールを現代版にアレンジした「ネスカフェ ミルクホール」が東京・ネスカフェ 原宿
内に5月31日(木)から6月10日(日)までの期間限定で登場しました。
店内には蓄音機やレトロな看板などが並び、スタッフの服装も女級風にしています。「ネスカフェ」の濃縮タイプ製品と「ご当地牛乳グランプリ最高金賞」受賞牛乳など全国各地から取り寄せた極上牛乳をお好みで合わせる贅沢カフェメニューや、ミルクホールで大人気だったシベリアをネスカフェ風にアレンジして提供します。

テレビにも登場した極上牛乳が味わえる

ミルクホールとは牛乳やコーヒーを始め、看板メニューとして大人気だったスイーツ”シベリア”を提供する大正期を中心に流行した飲食店のこと。今回の「ネスカフェ ミルクホール」では、「ネスカフェ」の濃縮タイプ製品と、「ご当地牛乳グランプリ最高金賞」受賞牛乳をはじめとする全国各地から取り寄せた極上牛乳と好みで組み合わせる贅沢なカフェメニューが堪能できます。

◆全国ご当地牛乳
・北海道 稚内牛乳
・岩手県 中洞牧場牛乳
・栃木県 ガーンジィゴールデンミルク
・福岡県 白木牧場 特別牛乳 
・沖縄県 石垣ジャージー牧場牛乳など

画像: 牛乳好きにはたまらない、極上牛乳たちです。

牛乳好きにはたまらない、極上牛乳たちです。

日本に4件しかない特別牛乳をチョイス

まずは、日本に4件しかない特別牛乳として指定される『白木牧場 特別牛乳』を「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め カフェラテ用 無糖」に合わせました。この牛乳はとても甘いので、お砂糖は不要。まったりと濃厚で、甘みのあるコーヒーになりました。

画像1: 日本に4件しかない特別牛乳をチョイス

おかわりは、贅沢カフェメニュー単品もしくは限定セットメニューをご注文された方対象でSNS(Twitterもしくはinstagram)に「#ネスカフェ」「#贅沢カフェメニュー」「#極上牛乳」のタグをつけて投稿すると、2杯目以降が250円(税込)になります。
ということで、2杯目はテレビに登場した『中洞牧場牛乳』にしました。珍しい草の味がするという牛乳です。先ほどの『白木牧場 特別牛乳』に比べると、少しさっぱりしていて香りも薄めです。さっぱりとしたコーヒーになりました。

画像2: 日本に4件しかない特別牛乳をチョイス

ネスカフェ風“コク深めシベリア”

「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め 」製品を使ったネスカフェ風のシベリアです。ふわふわなスポンジの中にやわらかい羊羹と生クリームがサンドされています。食べると口の中にコーヒーの香りが広がります。甘さ控えめで食べやすいシベリアになっています。

画像1: ネスカフェ風“コク深めシベリア”

“コク深めシベリア” ミルクホールの看板メニューとして人気のあった“シベリア”は、カステラに羊羹または餡子を挟んだお菓子です。今では提供するお店も少なく“幻のお菓子”と言われています。その “シベリア”を、ミルク料理研究家小山先生監修のもと、「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め」製品を使い、コーヒー味のオリジナルレシピで復活させました。

画像: "コク深め”ロマンセット(贅沢カフェメニュー+幻のお菓子“シベリア”のセットメニュー) /800円(税込み)

"コク深め”ロマンセット(贅沢カフェメニュー+幻のお菓子“シベリア”のセットメニュー) /800円(税込み)

さらに贅沢カフェメニューと”レトロアイスキャンディ“のセットも登場。
アイスキャンディは「ネスカフェ」の濃縮タイプ製品を使用した「コク深め カフェラテ」・「贅沢抹茶ラテ」・「贅沢カフェモカ」の 3 種類の味から選べます。

画像: はいから“贅沢”セット(贅沢カフェメニュー+“レトロアイスキャンディ”のセットメニュー) /650円(税込み)

はいから“贅沢”セット(贅沢カフェメニュー+“レトロアイスキャンディ”のセットメニュー) /650円(税込み)

画像2: ネスカフェ風“コク深めシベリア”

「ネスカフェ ミルクホール」 概要
◆正式名称 :「ネスカフェ ミルクホール」
◆場所 :ネスカフェ 原宿 (所在地:東京都渋谷区 神宮前 1-22-8)
◆期間 :2018 年 5 月 31 日(木)~6 月 10 日(日) 11 時から 21 時(ラストオーダー20 時 30 分) ※5 月 31 日(木)のみ 13:30 からオープンします。

コーヒー好きな方も、牛乳好きな方も、いつもと違う「ネスカフェ 原宿」でタイムスリップ気分を楽しむのはいかがでしょうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.