「近江ちぢみ」をモダンに進化させました!

「K.T キヨコ タカセ」より、日本の伝統織物「近江ちぢみ」をモダンな風合いに仕上げ、ドレスでも羽織りでも自由な着こなしが楽しめる麻(ラミー)ちりめんのロングシャツドレスを、6月8日(金)より全国のコムサ・プラチナなど約160店舗で発売します。

滋賀県近江市で織りから染色まで施した麻(ラミー)ちりめんです。日本唯一の麻紡績メーカーであり、ラミーの世界トップシェアをほこるトスコ㈱とコラボレーションしたオリジナル生地です。

画像: シャツドレス ¥45,360(5~11号)、¥46,440(13・15号) *税込 カラー:コバルトブルー、カーキ

シャツドレス ¥45,360(5~11号)、¥46,440(13・15号) *税込 カラー:コバルトブルー、カーキ

画像: 前開きにして夏の羽織としても楽しめます。

前開きにして夏の羽織としても楽しめます。

日本では空前の麻ブームですが、より着心地の良い麻にするため、撚糸と加工を工夫しました。麻の生地は、硬くて伸縮性がありませんが、試行錯誤を繰り返し糸にふくらみと伸縮性をプラスして、ナチュラルなストレッチ性を実現しました。また麻が持つ独特のシワ感も柔らかな表情になり、しなやかな風合いで水洗い後も縮みにくい素材に仕上げました。

画像1: 涼やかで軽やかなシャツドレス

結ぶだけでインタックに折りたためる、ワンテクニック効かせた共布のサッシュベルトで、簡単にすっきりしたウエストのシルエットが楽しめます。後ろの分量が前へ回り込むため、後ろ姿の細見え効果もあります。

画像2: 涼やかで軽やかなシャツドレス
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.