デジタルアートの最先端を走り続けるチームラボと森ビルがコラボし、2018年6月21日(木)東京・青梅に世界初のデジタルアートミュージアム『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderles』をオープン!境界線のないアート ”ボーダレス” をコンセプトにした東京初の常設展示として開催します。

チームラボが創り出す5つの空間

森ビル株式会社と、チームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」は、10,000㎡という広大な空間で、5つの世界で構成され世界初公開作品を含む約40作品が展示されます。

1.ボーダーレスワールド

人々が自らの身体で自由に動き、他者と関係性を持ち、身体で世界を認識します。
「ボーダレス」は、境界のない新しい世界で刻々と変化していく世界、ここにいる人々と影響し合い作り出す世界。アートも部屋から出て自ら動き出し、人々と関係性を持ち、身体と同じ時間の流れを持ちます。
そして作品同士影響を受け合い、時には混ざり合うなど新たな表情が見れる1つの世界が「チームラボボーダーレス」。季節によって見られる映像も変わっていき、時には迷いながら、それさえも楽しめるフォトジェニックな空間が存在します。

画像: 「花の森、埋もれ失いそして生まれる」

「花の森、埋もれ失いそして生まれる」

画像: 1.ボーダーレスワールド

2. チームラボアスレチック 運動の森

「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに空間認識能力を鍛える、新しい”創造的運動空間”です。
「光の立体ボルタリング」は、センサーを付け同じ色の光を追って登っていき、動きによって変化する光を楽しむことができます。身体ごとインタラクティブなデジタルアート空間に没入します。

「光の立体ボルタリング」

「重力にあらがう生命の森」

結構深めのトランポリンを飛ぶと、天の川のように幻想的な世界が広がっていきます。

画像: 「マルチジャンピング宇宙」

「マルチジャンピング宇宙」

3.未来の遊園地

『学ぶ!未来の遊園地』は共創(共同的な創造性)のための教育的なプロジェクト。
子供たちにも楽しんでもらえるように、世界に1つだけの自分が描いたお花や魚を映像に泳がせたり、自由に創造を楽しめる「遊園地」になっています。他者と取り組む創造的な活動によって一つの世界を創り上げていきます。

画像: 「学ぶ!未来の遊園地」

「学ぶ!未来の遊園地」

4.ランプの森

ランプの近くで立ち止まり、じっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせます。それぞれのランプが一度だけ強く輝くので、どこを見ても違う景色になります。

画像: 「ランプの森」

「ランプの森」

幻想的な写真を、ぜひカメラにおさめたいですね。入れ替え制の展示です。

画像: 4.ランプの森

5. EN Tea House

「EN TEA HOUSE」と言う喫茶スペースが設けられています。
茶器の中にお茶を注いでいくと、お花が咲いていきます。
お茶がある限りお花が咲き続けるので、目で見て飲んで美味しい新たな体験を創りだしていきます。

画像1: 5. EN Tea House
画像2: 5. EN Tea House

時間を忘れてボーダレスな世界観に没頭できる『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless』。ずっと見ていたい、体験していたい、また行きたいと思わせる、世界に誇れるデジタルアートミュージアムでした。ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

◆施設名称 : MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
◆所在地 : 東京都江東区青海 1-3-8(お台場パレットタウン)
◆延床面積 : 約 10,000 ㎡
◆開 業 日 :2018 年 6 月 21 日(木)
◆営業時間 :
月~木 11:00~19:00(※祝前日を除く)
金・祝前日 11:00~21:00
土 10:00~21:00
日・祝日 10:00~19:00
※最終入館は閉館の 1 時間前
※営業時間は時期によって異なります。詳しくはウェブサイトをご確認ください。
◆料金:
一般/高・大学生/3,200 円
子ども(4 歳~中学生)/1,000 円
※料金は税込の金額となります チケット発売: 2018 年 5 月下旬より発売予定

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.