『おしっこちょっぴりもれたろう』(ヨシタケシンスケ作/絵、税別1,000円)が発売まもなく、即重版が決定!累計発行部数は10万部を突破し、絵本としては極めてハイペースな初速で、売れ行きを伸ばしています。

MOE絵本屋さん大賞(株式会社白泉社主催)で3年連続、通算4度目の第1位を達成するなど、いま最も勢いのある絵本作家・ヨシタケシンスケさん。『おしっこちょっぴりもれたろう』は、新作を待ちわびる読者や書店の間で発売前から注目を集めていました。売れ行きは発売当日から予想以上に好調。そのペースは、第10回MOE絵本屋さん大賞2017で第1位に輝いた『なつみはなんにでもなれる』(税別1,000円、2016年11月発売、PHP研究所)を上回り、2万5千部の重版を即決定。累計発行部数は発売1週間足らずで10万部に!

画像2: ヨシタケシンスケ最新絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』 発売1週間で10万部突破!

新刊発刊記念!
LINEスタンプ「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」発売中

絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』発売日の6月5日(火)、無料コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」にて、「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」の販売も開始。2016年8月にリリースされた第1弾の好評を受けての第2弾は、トートバッグ等のグッズも人気の『なつみはなんにでもなれる』と『おしっこちょぴりもれたろう』のキャラクターを中心に、ヨシタケシンスケさんが描き下ろしたオリジナル。あいさつからツッコミまで、トークが盛り上がる40種類が楽しめますよ。

画像: 新刊発刊記念! LINEスタンプ「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」発売中

書名:おしっこちょっぴりもれたろう
著者:ヨシタケシンスケ作/絵
定価:1,000円(税別)
仕様:B5判変型上製/48ページ
発行:PHP研究所
発売日:2018年6月5日
内容:ぼくは、パンツにおしっこがちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。子どもの悩みがちょっぴり軽くなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.