『いち髪』ブランドのプレミアムラインとして、『いち髪 ナチュラルケアセレクト』が7月13日(金)より新発売。成分にこだわり抜き、厳選した和草成分など天然由来成分を90%以上使用しています。軽やかな指通りとなめらかな仕上がりを実現する「スムース」と、パサつく毛先もしっとりまとまる髪に導く「モイスト」の2ラインが展開されます。

プレミアムヘアケアライン誕生

近年ヘアケア市場では1,000円以上の高価格帯のシャンプー、リンスが占める市場構成比は21%にものぼり(2017年)、特に自然派訴求の商品が大きく伸長しています。※
2006年の誕生当初より日本の植物である「和草」の力を追求し続ける「いち髪」ブランド。その強みを生かし、天然由来成分にこだわったプレミアムラインが開発されました。和草成分を始めとする、厳選した天然由来成分を90%以上使用したほか、100%天然由来の香料のみでつくられた重層的な香りも特長です。さらに、外部ストレスに敏感な地肌や髪に配慮し、いたわりながらケアできる処方となっています。
※同社調査:2014年1月~2017年12月

①厳選した天然由来成分を使用した処方

・天然由来成分90%以上使用
成分にこだわり抜いた、天然由来成分90%以上使用の処方です。 ※1水を含む
・厳選 和草エキス(補修・保湿成分)配合
日本人の髪質を考え、米ぬかやツバキ、へちま、ゆずなどの和草エキスを厳選配合しています。へちまエキス:スムースラインに配合。成分にサポニンを含み、その汁液は、江戸時代には「美人水」等と呼ばれ、天然の化粧水として広まり、今でも長く親しまれています。
ゆずエキス:モイストラインに配合。冬至の柚子湯など昔から日本で親しまれる。ビタミンが豊富に含まれ、美容効果から化粧品にも広く配合されています。
・リペアナチュラルオイル(補修・ツヤ成分)配合
米ぬかオイル、あんずオイルを2ライン共通で配合。いたんだ髪にうるおいとツヤを与え、髪の芯までいたわりながらケアします。トリートメント、ヘアパックに配合。特にヘアパックには高配合し、補修効果をアップしています。※2 いち髪ナチュラルケアセレクトトリートメント比

②アミノ酸系洗浄成分使用ノンシリコンシャンプーの豊かな泡

泡立ちのよいアミノ酸系洗浄成分(ラウロイルメチルアラニンNa)を使用することにより、たっぷりの泡が素早く立ち、地肌と髪をやさしく包んでしっかりと洗い上げます。

③敏感肌の方のご協力によるパッチテスト済み

外部ストレスに敏感な地肌や髪も、いたわりながらケアするオリジナル処方。
※すべての方に皮フ刺激が起こらないということではありません。

④100%天然由来香料使用の贅沢な香り

100%天然由来のプレミアムな香料のみを使用し、ナチュラルでありながら香水のような香り立ち。
「洗練されたハーバルグリーンの香り(スムース)」と、「みずみずしいシトラスフローラルの香り(モイスト)」と、仕上がりに合わせた2種類の香調です。

⑤合成着色料フリー/サルフェートフリー(硫酸系界面活性剤不使用)

画像: ⑤合成着色料フリー/サルフェートフリー(硫酸系界面活性剤不使用)

【発売予定日】 2018年7月13日(金)
【販売チャネル】 全国のドラッグストア、スーパーマーケット等

実際に試してみました!

『いち髪 ナチュラルケアセレクト』の洗い上がりを体験する会が開催されました。
実際の泡立ちや仕上がりはどうでしょうか?

画像1: 実際に試してみました!

通常のボタニカルシャンプーだと泡立ちが悪いと気にされる方も多いはず。
いち髪 ナチュラルケアセレクトは、アミノ酸系洗浄成分(ラウロイルメチルアラニンNa)を使用し、なんといっても泡立ちの良さが特徴的。
泡立ちを確かめるデモンストレーションでは2プッシュにもかかわらず、たっぷりのなめらかな泡が立っていました。

たっぷりの泡で洗うことで、頭皮の汚れをしっかりと落とし、髪への摩擦も軽減できます。
こんなに泡立ちがいいと、シャンプーの時間が楽しくなりますね!

画像2: 実際に試してみました!

次に自分自身で体験。髪の毛の痛みが気になっていたので、「モイスト」を選択。
シャンプーをつけた瞬間、モイストに含まれているゆずエキスの良い香りに癒され、デモンストレーションの時と同様にたっぷりの泡に髪の毛が包まれました。
最初はサラっとした泡立ちから最後は重みのあるようなしっかりとした泡へ変化したように感じ、髪の毛を流したあとはすっきり!

ブローの最中も指通りなめらか、最後はまとまりのある仕上がりになりました。
何度でも触りたくなる髪の毛に大満足です。
天然由来にこだわった贅沢な『いち髪 ナチュラルケアセレクト』、みなさんもぜひ実際に使って実感してみてはいかがでしょうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.