星野リゾート 界では、9月10日から11月30日までの期間、ご当地の「お月見」と「ひやおろし」を楽しむ「月見旅」を実施します。界加賀では金沢金箔で化粧した特製のランプを月に見立てて愛でる観月茶会、界アルプスでは囲炉裏に集うお月見を開催。また、「お月見」のお供には秋に飲み頃を迎えるご当地の「ひやおろし」を各施設で用意されます。
界13施設で実施する月見旅のうち、今回は西日本エリアの5施設の取り組みを紹介します!

界 加賀(石川県・山代温泉)
加賀の伝統工芸を楽しむ観月茶会

画像1: 界 加賀(石川県・山代温泉) 加賀の伝統工芸を楽しむ観月茶会

界 加賀では、昨年ご好評だった「観月茶会」を開催します。金箔国内生産量の9割を誇る金沢金箔で化粧した特製のランプを、月に見立てて愛でる茶会です。菊を用いて不老長寿を願う重陽(ちょうよう)の節句にちなみ、金箔栗ぜんざいと山代温泉のこだわりの地酒である菊酒を、伝統工芸・山中漆器の酒杯や小椀で提供します。また、加賀地方には、江戸時代に心優しき役人が傷ついたうさぎを助けたことで、夜空に月が輝き大豊作に恵まれたという言い伝えがあります。この「加賀の月うさぎ伝説」を紙芝居でスタッフが披露します。館内の至る所に配された月うさぎの影絵があしらわれた行灯の灯りとともに、古来、日本人が愛する月見という文化を体験できる催しです。

画像2: 界 加賀(石川県・山代温泉) 加賀の伝統工芸を楽しむ観月茶会

ツキ(月)をもたらす恵比寿様は、夜空に浮かぶ「月」だけでなく、影絵作家カジタミキ氏が手掛ける「影絵の月」と、地元の吉田酒造にて作られたひやおろし「月山」とともにお月見会を盛り上げ、ツキを呼び込みます。「月山」は、島根県内のみで生産されている酒作りに適した米、左香錦(さかにしき)を使用し、本来酒造りで使われない軟水で仕込まれた、華やかな香りと米本来の旨みを感じやすい味のひやおろしです。中庭に現れる2つの月の下、陽気に揺れ動く恵比寿様と心地よい夜風を感じながら、ひやおろしとお饅頭とともに界出雲ならではのお月見を体験できます。

〈月うさぎ行燈のライトアップと紙芝居〉
■日時:2018年9月10日~11月6日
■場所・時間:
〈ライトアップ〉茶庭のテラス 18:00~24:00
〈紙芝居〉トラベルライブラリー 19:00/20:00
■料金:無料
■予約:不要
〈観月茶会〉
■日時: 2018年9月10日~11月6日
■時間:19:00~20:30
■場所: トラベルライブラリー
■料金: 無料 
■予約: 不要

界 出雲(島根県・玉造温泉)
月(ツキ)を呼ぶ恵比寿のお月見会

界 出雲では月夜に恵比寿様とひやおろしを酌み交わすイベントを行います。
秋の出雲大社では全国の神様が集まる神在祭(かみありさい)が行われ、そのお祭りの最後には神様がお酒を酌み交わす宴会「直会(なおらい)」が開かれますが、神様が集まる中でも出雲大社には行かず、留守を守る神様・恵比寿様もいます。そこで、界出雲の中庭では、恵比寿様と直会を真似たお月見会を開催します。恵比寿顔と言われる笑顔でツキ(月)をもたらす恵比寿様は、夜空に浮かぶ「月」だけでなく、影絵作家カジタミキ氏が手掛ける「影絵の月」と、地元の吉田酒造にて作られたひやおろし「月山」とともにお月見会を盛り上げ、ツキを呼び込みます。「月山」は、島根県内のみで生産されている酒作りに適した米、左香錦(さかにしき)を使用し、本来酒造りで使われない軟水で仕込まれた、華やかな香りと米本来の旨みを感じやすい味のひやおろしです。中庭に現れる2つの月の下、陽気に揺れ動く恵比寿様と心地よい夜風を感じながら、ひやおろしとお饅頭とともに界出雲ならではのお月見を体験できます。

画像1: 界 出雲(島根県・玉造温泉) 月(ツキ)を呼ぶ恵比寿のお月見会
画像2: 界 出雲(島根県・玉造温泉) 月(ツキ)を呼ぶ恵比寿のお月見会

■期間:2018年9月10日~11月4日  *土日限定  
■場所:中庭  
■時間:20:30~21:00    
■料金:無料  
*ひやおろしの解禁日により提供品の変更があります

界アルプス(長野県・大町温泉)
囲炉裏で楽しむ月夜の集い

四季折々で美しい姿を見せる北アルプスの山々。その雪解け水が流れ込む、アルプスの麓にある信濃大町は、豊かな清流と良質なお米を使った日本酒造りが盛んな地域です。界アルプスでは、地元大町が誇る3軒の酒蔵のひやおろしを楽しむお月見を開催します。ロビー横にある囲炉裏の丸窓を満月に見立て、この時期だけの特別な設えを施します。

画像: 界アルプス(長野県・大町温泉) 囲炉裏で楽しむ月夜の集い

昔から人々の和の中心であった囲炉裏。そこに集うお客様同士でひとつの火を囲み、月見酒を酌みかわします。スタッフによる月にまつわる夜話で、さらに気分を盛り上げます。日が暮れるとぐっと冷え込み、一層囲炉裏の温かさを感じることができる催しです。

■期間:2018年9月10日~10月10日 
■場所:フロント棟 囲炉裏スペース 
■時間:20:00~21:00  
■料金:無料  
■予約:不要

界 松本(長野県・浅間温泉)
ひやおろしと楽しむ、お月見コンサート

界松本では、地域の文化を体験できるご当地楽として、毎晩クラシックやジャズの演奏を行う、ロビーコンサートをおこなっています。このコンサートの時間帯に期間限定でひやおろしを提供します。長野県の中でも松本は北アルプスからの清らかな水が集まり、湧水スポットが多い街として知られています。界松本では、酒蔵の敷地内にその湧水スポットを所有し、仕込み水として使用しているという、松本ならではの酒蔵のひやおろしを提供します。

画像: 界 松本(長野県・浅間温泉) ひやおろしと楽しむ、お月見コンサート

高さ13mの開放的なロビーの天井を活かし、本物の竹の装飾と、壁に投影された丸い灯りを月に見立てて、秋のお月見を演出します。大人な落ち着いた空間で、長野の秋のひやおろしを嗜みながら、音楽に包まれた優雅な時をゆったりと過ごせます。

期間:2018年9月10日〜30日  
■時間:20:15~22:00 
■場所:ロビー  
■料金:無料  
■予約:不要

界阿蘇(大分県・瀬の本温泉)
すすきと愉しむ、阿蘇のお月見Bar

お月見の室礼、といえば団子とすすきを思い浮かべます。すすきは本来、五穀豊穣の願いを込めて稲穂に見立てたものでしたが、秋に見られる美しい草花「秋の七草」にも選ばれているように、月とともに愛でる美しさは格別です。草原の面積が日本一の阿蘇地域では、この時期一面に広がるすすき野を見ることができます。界 阿蘇では、すすきと月を楽しむ「すすき野月見台」が登場します。

画像: 界阿蘇(大分県・瀬の本温泉) すすきと愉しむ、阿蘇のお月見Bar

界 阿蘇の本館2階には、阿蘇五岳を望む月見台があり、この時期限定ですすきをしつらえてライトアップし、まるですすき野の中に佇んでいるかのような野趣あふれる空間を演出します。お月見のお供には、阿蘇の名水が育んだひやおろしと、秋に漬けあがる阿蘇の郷土料理で、阿蘇地方で栽培される赤ど芋の赤い茎を使った漬物「あかど漬け」を提供します。標高1,000mを超える高地ならではの、澄んだ空に浮かぶ美しい月とすすき、そして月明かりに照らし出される阿蘇五岳を望む、界 阿蘇ならではのお月見を楽しめます。

■期間:2018年9月10日~10月31日
■時間:20:00~22:00
■場所:本館テラス
■料金:無料
■予約:不要

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.