ポップ・ミュージックの歴史を変えたリズムマシンの 特徴的なデザインが最新のトレンドと融合

ローランドとグローバル・スポーツ・ブランドのプーマによるコラボレーション・モデルのスニーカー『RS-100 Roland』『RS-0 Roland』が発表されました。ポップ・ミュージックの歴史に大きな足跡を残した伝説的なリズムマシン「TR-808」の特徴的な色彩でデザインされた2種類のスニーカーが、8月8日(水)よりプーマから発売されます。

画像: プーマとのコラボレーションで伝説の「TR-808」を モチーフにしたスニーカー登場

プーマが1980年代に発売した、走りやすさを科学的に追求したランニング・シューズ「RSシリーズ」。当時のデザインを現在まで継承する代表的モデルの「RS-100」や、トレンドや最新技術を取り入れ再構築したモデルの「RS-0」などが人気を集めています。同社では、優れたデザインやテクノロジーによって影響力のあるブランドとのコラボレーションを展開。今回、革新的な電子楽器で音楽の可能性を広げてきたローランドがパートナーとなり、共に1980年代のカルチャーを象徴する「RSシリーズ」と「TR-808」のコラボレーション・モデルが実現しました。

画像: 『RS-100 Roland』のソールデザイン

『RS-100 Roland』のソールデザイン

画像: 『RS-100 Roland』のブランドロゴ

『RS-100 Roland』のブランドロゴ

『RS-100 Roland』と『RS-0 Roland』は、ヒップホップやテクノをはじめ、さまざまな音楽の発展に貢献したリズムマシンの名器「TR-808」のデザインをモチーフに採用。『RS-100 Roland』は、ソール部分まで全体が「TR-808」の特徴である赤、オレンジ、黄、白のカラーで彩られたデザインです。『RS-0 Roland』は黒のレザーを基調に、側面には「TR-808」と同じカラーで「プーマライン」と呼ばれるグラフィックを配置。どちらのモデルにもプーマとローランドのロゴがあしらわれています。両モデルは、「TR-808」にちなみハッシュタグ「#808day」をつけた投稿がSNS上で盛んに発信される8月8日にプーマオンラインストアやプーマストアなどで発売されます。

画像: ・歴史的なリズムマシン「TR-808」 1曲分のリズムを自由に作成できる世界初の画期的なリズムマシンとして1980年に発売。当時のヒップホップ、ダンス・ミュージック、さらには現代のポップ・ミュージックにまで、ミュージシャンやプロデューサーの音楽制作に大きな影響を与えました。歯切れのよいスネア、重低音のバス・ドラム、特徴的なカウベルやハンドクラップ(手拍子)など、その独特なサウンドは、発売後30年が経ち既に販売終了となっている今もなお、根強く支持されています。

・歴史的なリズムマシン「TR-808」
1曲分のリズムを自由に作成できる世界初の画期的なリズムマシンとして1980年に発売。当時のヒップホップ、ダンス・ミュージック、さらには現代のポップ・ミュージックにまで、ミュージシャンやプロデューサーの音楽制作に大きな影響を与えました。歯切れのよいスネア、重低音のバス・ドラム、特徴的なカウベルやハンドクラップ(手拍子)など、その独特なサウンドは、発売後30年が経ち既に販売終了となっている今もなお、根強く支持されています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.