女性がつくるお化け屋敷「THE・WITCH」が横浜大世界アートリックミュージアムで期間限定開催!

画像: 夜の美術館でフォトジェニックな恐怖体験を

横浜大世界アートリックミュージアムにてホラーイベント「THE WITCH(ザ・ウィッチ)」が8月3・4・5・17・18・19・24・25・26・31日、9月1・2日の12日間期間限定で開催されています。

フォトジェニックな夜の美術館がお化け屋敷に

中華街最大級のエンターテインメント施設、横浜大世界のアートリックミュージアム(同施設4F-8F)がお化け屋敷とコラボ。お化け屋敷となった夜の美術館は、撮影可能でフォトジェニックな撮影スポットが多く用意されています。

画像1: フォトジェニックな夜の美術館がお化け屋敷に

“ダウンステア式”お化け屋敷が日本初上陸!
ダウンステア式お化け屋敷とは、海外のお化け屋敷などに取り入れられている、初めにエレベーターを使って最上階まで上がり、1フロアずつ下に降りながら楽しめるエンターテインメントのシステムです。館内にはステージも用意されており、フロアを降りていくごとに、まるで物語のページをめくるような体験を実現します。

“女性の美しさ”に焦点をあてた 女性がつくるお化け屋敷
お化け屋敷を手掛けるのは、今ホラーエンタメ業界で話題の女性ホラープロデューサー“夜住(よずみ)アンナ”。昨年、協力型ホラーイベント「サマー・キラー」や、人狼ゲームとホラーを融合させた「ホラー人狼」を開催し成功させる。今回、女性ならではの感性と、斬新なギミックを取り入れた、美しいお化け屋敷をプロデュース。

画像2: フォトジェニックな夜の美術館がお化け屋敷に

“覗く”先に見えるのは 奇妙で妖艶な大人の世界
夜になると、普段とは違った顔をみせる絵画たち。イベント内には、様々な“覗く”演出が散りばめられており、ドキッとする場面や、思わず息を呑むような体験が待っています。

画像3: フォトジェニックな夜の美術館がお化け屋敷に

キャンドルとアロマが作り出す ホラーの魔法
メインフロアに広がるのは、キャンドルアーティストが作り出す100本のキャンドルと、本イベントのオリジナルアロマ。怪しく揺れる光と香りがあなたをホラーの世界へと誘います。館内には、フォトジェニックな撮影スポットもご用意。

画像4: フォトジェニックな夜の美術館がお化け屋敷に

chocolate factoryでオリジナルスイーツ販売
2018年横浜大世界2Fにオープンしたチョコレート専門店「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」でイベント期間中、オリジナルコラボスイーツを各日数量限定で販売。見て可愛い、食べて美味しいデザートで、イベント期間中に、甘いひと時を提供。チョコレートファクトリーの人気商品、「メルティムーンチョコレート」がホラー仕様になります。その他にも、イベントオリジナル商品も用意されていますよ。

画像5: フォトジェニックな夜の美術館がお化け屋敷に

ホラープロデューサー  夜住(よずみ)アンナ
―ホラーで世界をカラフルに―
1994年生まれ。幼い頃からホラーの世界に魅力を感じ、
全国でお化け屋敷・ホラーイベントの制作・運営を経験。
(2017.8)サバゲ―フィールド×ホラーイベント「サマー・キラー」/(2018.1~)「ホラー人狼in渋谷」/(2018.6)/DVD「心霊スパイラル001」ホラー写真ジャケット起用/(2018.8)「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」プロデュース
<開催概要>
□イベント名:「THE・WITCH(ザ・ウィッチ)」
□会場:横浜大世界 アートリックミュージアム4F-8F(神奈川県横浜市中区山下町97)
□期間:2018年8月3・4・5日、17・18・19日、24・25・26日、31日、9月1・2日 計12日間
□時間:各日18:00~22:15 (受付終了21:30)※初日のみ18:15~22:15 (受付終了21:30)/
□参加料金:(前売りチケット)2,900円/(当日チケット)3,500円(税込)
□ギミホラ公式サイト:www.gimihora.com
※当日券は現地でのお支払いとなります。参加枠の状況によりご参加いただけない可能性もあります
□備考:15歳以下(中学生不可)の方はご参加いただけません。参加申し込みの前に必ず当サイトの注意事項を確認下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.