和漢とじんわり温感がどんより目元にアプローチ ~『温和漢 ハトムギとヨモギのホットアイパック』

どんよりスマホ目を寝ながらケアできる『温和漢 ハトムギとヨモギのホットアイパック』が10月15日(月)より、全国のバラエティショップなどで順次発売されます。

スマホ目…スマホの見過ぎにより目元周りのお肌が乾燥した状態

スマートフォンやパソコン等によって目元を駆使する人が増え、目の疲労に悩んでいる方が多くいます。近年目元ケアアイテムが注目されています。特に冬は乾燥や寒さが原因で、目元にクマができやすく、より目元回りがどんよりとした印象になりがちです。そこで、どんより目元の悩みを寝ながら簡単ケアできる『温和漢 ハトムギとヨモギのホットアイパック』が開発されました。

アイクリームは年齢に応じたケア商品が多いですが、『温和漢 ハトムギとヨモギのホットアイパック』は、どんより目元やシワのケアに特化した化粧品。優しくじんわり目元を温めながら、和漢エキスで保湿を行い、目元をケアします。和漢エキスは、植物由来の成分が体に良いとされ、昔から利用されていますが、今回は食用としても使用されるヨモギやハトムギ、ベニバナなどの和漢を9種配合しました。また、じんわりとした温感がお肌のターンオーバーを促し、更にビタミン成分とミネラルを多く含んだ炭成分が保湿しながら目元の細かな汚れを吸着します。

■商品特徴
≪贅沢和漢がじっくり浸透≫
9種の和漢エキスが就寝している間に、じっくり浸透し翌朝まで保湿を持続
≪じんわり優しい温感で、目元をケア≫
じんわり温感のジェルクリームを塗りこむことで、目元をマッサージしながらぽかぽかとお肌をほぐす
≪ビタミンと炭でより明るい目元≫
ビタミンのチカラと、炭成分(※8)が保湿しながら目元の細かな汚れを吸着し、どんより目元を解消
≪癒しのゆずの香り≫
和漢であるユズを使用しているので、さわやかな香りでリラックスタイムを演出
■使い方
STEP1.目元に塗り込みマッサージ 
お風呂上りや洗顔後の清潔な指に適量(米1粒程度)とり、下まぶたに塗布し、優しくマッサージしながら塗り込みます。
黒いジェルクリームが透明になったら塗りこみ完了のサインです。
STEP2.そのまま浸透、就寝 
ジェルクリームをマッサージで馴染ませた後、そのまま就寝するだけ!

寝る前にジェルを目元に塗り込み、色が変わったらお休みの合図。目覚めた時にはすっきりとした明るい目元に導きますよ。

■商品概要
販売名:温和漢 ハトムギとヨモギのホットアイパック
発売日:2018年10月15日(月)
価格:1,200円(税別)
内容量:20g
販路:全国のバラエティショップ、自社ECサイト、ECモール(※2)
成分:グリセリン、グリセレス-26、水、ジメチコン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、スクワラン、ポリソルベート60、ユズ果皮油、炭、BG、コメ発酵液、テアニン、トコフェロール、グルコシルヘスペリジン、クランベアビシニカ種子油、流紋岩末、温泉水、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、レモン果汁、ビスグリセリルアスコルビン酸、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、リノール酸レチノール、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、ウメ果実エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ベニバナ花エキス、フェノキシエタノール、イロハモミジ葉エキス、ヨモギ葉エキス、ハトムギ種子エキス、チャ葉エキス、ユズ果実エキス、イソステアリン酸ソルビタン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.