ここ数年、料理のジャンルに「イノベーティブ」という言葉がみられるようになりました。

以前は「フュージョン」「現代風フランス料理」などとカテゴライズされていたのですが。

国籍にとらわれない料理人やシェフのオリジナリティーを取り入れた新しいスタイルに進化した料理を、革新的という意味を込めて

イノベーティブ」と称するシェフが現れたことにより急速に定着したそうです。

今回は、ソロ活からデートまで対応する、使い勝手抜群のお店へ行ってきました。

それが、五反田駅目黒川沿いの閑静な住宅街に佇む

640x640_rect_92455476

『ITAMESHI (イタメシ) 』です

店内は、スタンディングスペース、カウンター、テーブル席など

自由に構成できるようなスペースになっていて

シーンによって使い分けが可能。

アンティーク調のファニチャーや照明、深緑の漆喰の壁でまとめられた空間は、

洗練されたモダンジャパニーズの趣きを感じます。

IMG_0243

メニューはコースの2つのみ

五感を使い食べて飲んで楽しんで

1万円 (お料理6000円とお勧めするドリンクのペアリング3000円7杯)でお釣りが返ってきます。

非日常的なお店を気軽にお使い頂け。月2度通っていただくために料理は2週間程で変更するそうです。

IMG_0242

先付 一口でいただきます。

・P.P.A.P 
パイナップル、プロシュート、甘エビ、パクチーになっているそうです。

IMG_0253

・目黒川と桜
桜の枝に見立てていて、
パンナコッタの冷奴赤大根食感がパンナコッタ
マスカルポーネを添えて秋刀魚
ごぼうをゴマで和えたもの

みる愉しみと頂く楽しみ
食べる前からワクワクしました

IMG_0259
IMG_9789

お凌ぎ

酢飯の上に豚の頬肉、プロシュート握りにし、粒マスタードをトッピングしています。
和洋折衷な印象で斬新でした。

IMG_0266

お椀

グリーンピース抹茶仕立てになっており、チキンブイヨンの味が美味しいです。

IMG_0265

茶筅の中にクルトンが入って、途中で入れると食感が変わり、2度の楽しみが味わえます

IMG_0274

添え物
交響食第一パンパパパパーン
笑ってハイチーズ!!

IMG_0275

炭パン、ゴルゴンゾーラ、クリームチーズ、牛乳、生クリーム

無農薬の藁で、包んでありました。

炭に見立てたのはなんと竹炭のパンでユニークでした。

IMG_0279

向付
本日のお刺身三点盛り
マグロ、すずき、ヤリイカ

IMG_0282

お醤油は納豆醤油とバルサミコポン酢 でいただきました。

カトラリーも素敵で

食の空間がたのしいです。

IMG_0286

焼物

山形尾花沢牛霜降りを使った焼き料理をいただきました。

IMG_0290

酢物
ボディーブロー
鶏レバーをマリネしたものと、パプリカのマリネを添えています。
さっぱりした印象で
レバーのイメージがかわりました。

IMG_0291

箸休め
アジアの味やぁ!
ココナッツアイスの上にグリーンカレーペーストを最中で包んで
これはひと口で食べてくださいと言われました

甘いスイーツを感じた後にグリーンカレーで

一瞬にして口の中がすっきりしました

IMG_0293

炊合せ
元祖フォアグラトマト

フォアグラと少し酸味のあるトマト。
ソース、リゾット、フォアグラ、トマトを一緒にいただくのですが、
大変美味しかったです

IMG_9801
IMG_9803
IMG_9804

蒸し物
Oh!!91083
南部鉄器に炭、藁、朴葉、タコ
桜煮にしているので、非常に柔らかいです。
こちらも大変美味しかったです。

IMG_0301

甘味

マカデミアナッツをすり下ろして、添えているのですが、
これは、お料理ではなく、デザートでした。
卵焼きですがぷりんそれがとても美味しかったです。

「酒場であり、飯屋。イタメシヤ」。そんな『イタメシヤ』のコンセプトを、上質なメニューの数々から体感してみてくださいね

ITAMESHI (イタメシ)
050-5595-9424
東京都品川区西五反田 2-25-4 磯ビル 1F

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.