抹茶・ほうじ茶・米粉プレーンを自家製食パンで焼き上げ!

フレンチトースト専門店「せるくる」では、自家製米粉食パンで作る、抹茶とほうじ茶のフレンチトースト『ふれん茶とーすと』を、11月2日(金)より販売しました。

画像1: 松江の「ぼてぼて茶」をイメージした『ふれん茶とーすと』登場

京都、金沢と並ぶ三大茶処といわれる松江市に店をおく「せるくる」から、お茶の味のフレンチトースト『ふれん茶とーすと』が発売されました。『抹茶』『ほうじ茶』『米粉プレーン』の計3枚入り。パンは新たに『ふれん茶とーすと』専用に米粉食パンを焼いています。島根県産「きぬむすめ」米粉を配合し、お茶の風味と香ばしさを引き立たせました。特に『ほうじ茶』は松江の郷土料理「ぼてぼて茶※」をイメージし、黒豆を入れた米粉食パンを使用しています。
※ ぼてぼて茶…古くから庶民の間食として伝わる。お茶を入れた碗にご飯、黒豆等の具材を入れ、「ぼてぼて」と音を立てながら混ぜて食べる。

画像2: 松江の「ぼてぼて茶」をイメージした『ふれん茶とーすと』登場

「ふれん茶とーすと」の特長
1.島根県産「きぬむすめ」米粉を配合した自家製食パンを使用
せるくるではフレンチトーストのための食パンを自ら焼いています。新発売の「ふれん茶とーすと」は、島根県産「きぬむすめ」米粉と北海道産小麦粉を配合した、新たな食パンを使用しています。
2.松江の郷土料理「ぼてぼて茶」をイメージしたフレンチトースト
せるくるがある松江市は、日本三大お茶処といわれ、古くからお茶を嗜む文化が根付いています。「ふれん茶とーすと」の、ほうじ茶味は「ぼてぼて茶」をイメージしたもので、甘く煮た黒豆を入れた自家製米粉食パンを使用。ほうじ茶アパレイユにひたしたフレンチトーストです。
3.レシピを公開
「プロが教えるほうじ茶フレンチトースト」のレシピを公開しました。ホームベーカリーを使用した、ご家庭でも簡単に美味しく作れるレシピを「せるくる」ホームページ及びクックパッドで公開しています。

【「ふれん茶とーすと」の概要】
名称   : ふれん茶とーすと
販売開始日: 2018年11月2日
販売料金 : 486円(税込)
味    : 抹茶味、ほうじ茶味、米粉プレーン味
材料(素材): 小麦(北海道産100%)、米粉(島根県産100%)、
       牛乳、卵、生クリーム、砂糖、黒豆、バター、抹茶、ほうじ茶、
       しょうゆ、天然酵母、食塩
販売   : ECサイト及び、フレンチトースト専門店「せるくる」店頭

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.