2018年10月から公開中のスペシャルサイト「くっきーけいば」。野性爆弾くっきープロデュースのもと、競馬をテーマにした様々なネタ動画が公開されています。

くっきーが、得意のモノマネでサラブレッドに挑戦!

画像1: くっきーが、得意のモノマネでサラブレッドに挑戦!

3作品目として11月2日に追加公開された最新のネタ動画は、サラブレッド(競走馬)をモチーフにしたインパクト抜群の衝撃作。顔面を白塗りにするなど独特なモノマネ芸が話題のくっきーの馬のモノマネ動画です。

画像2: くっきーが、得意のモノマネでサラブレッドに挑戦!

動画の一番の見どころは、「似ている」「似ていない」の次元を超えた、破壊力抜群のサラブレッドの顔面。動画の冒頭、くっきー扮するサラブレッドは馬小屋に頭を突っ込んでいてなかなか顔を見せようとしません。しかし、「クッキークラウン」と名前を呼ばれると、声のするほうを振り向きます。

画像3: くっきーが、得意のモノマネでサラブレッドに挑戦!

そこには、一度見たら忘れることのできない競走馬の姿が…。

サラブレッドどころか、もはや馬なのかすら分からなくなるような「謎」の生物に見えますが、くっきー本人は「激似」と自信満々。くっきーファンの方もそうでない方も、インパクト抜群のモノマネ姿、必見です!

くっきーの世界観を東京競馬場で体験できる展示イベントも開催中

画像: くっきーの世界観を東京競馬場で体験できる展示イベントも開催中

11月3日(祝・土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)の4日間、国内外問わず多くの人を魅了するくっきーの世界観が体験できる展示イベント「くっきーけいば展」が開催中。「くっきーけいば」サイト内で繰り広げられている、くっきー独自の世界観が体験できます。

【展示企画】サイトの世界をリアルに体感! イラストをリアルに再現した“馬像”も登場

画像: 【展示企画】サイトの世界をリアルに体感! イラストをリアルに再現した“馬像”も登場

会場では、くっきー本人のパネルやくっきーが描き下ろしたイラストのパネルなどを10種類以上展示。中でも、サイトに登場する馬のイラストをリアルに再現した、ひときわ目をひく3体の“馬像”は必見です。

新作動画の撮影で使用した馬小屋や、これまでに公開したネタ動画「くっきーのサラブレッド絵描き歌」で完成した原画なども展示されるそうなのでこちらもぜひチェックを。

【フォトスポット】SNS映え抜群! くっきーのアートセンスが光る「ウォールアート」

画像: 【フォトスポット】SNS映え抜群! くっきーのアートセンスが光る「ウォールアート」

会場には高さ2.4m×幅3.6mの巨大な「ウォールアート」も登場。同スペースでは、カラダで文字を完成させたり、くっきーが壁の向こうにいるかのような様子を表現したりと、アクティブかつフォトジェニックな写真を撮影することが可能です。
くっきーのアートセンスが光るSNS映え抜群のフォトスペースも楽しんでみては?

くっきー本人が来場するスペシャルイベントも開催!

画像: くっきー本人が来場するスペシャルイベントも開催!

展示イベント「くっきーけいば展」期間中の11月10日(土)には、くっきー本人が東京競馬場に来場しスペシャルイベントを開催。今回の「くっきーけいば」制作の舞台裏などを話します。さらに当日は、くっきーが直筆の似顔絵を描く特別企画も実施予定。

国内外で個展を開くほどのアートセンスを持つくっきーが、その場で似顔絵制作をして会場
を盛り上げます。

【くっきーけいば展】
・開催期間:2018年11月3日(祝・土)、4日(日)、10日(土)、11日(日) 開門~17:00頃
・開催場所:「東京競馬場」内(東京都府中市日吉町1-1)
<競馬場までのアクセス>京王線「府中競馬正門前駅」より徒歩約2分、京王線「東府中駅」より徒歩約10分、JR武蔵野線/南武線「府中本町駅」より徒歩約5分、西武線「是政駅」より徒歩約10分
・料金:東京競馬場への入場料200円(展示イベント自体は無料です)

【くっきー来場スペシャルイベント】
・開催期間:2018年11月10日(土) 11:30頃~
※イベント内容は、天候、その他都合により変更、中止する場合があります。
・開催場所:「東京競馬場」内 馬場内東側特設エリア
・料金:東京競馬場への入場料200円(イベント参加自体は無料です)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.