”パリ一番のママンの味” 絶品のムース・オ・ショコラを東京で!

「ママのムース・オ・ショコラは世界一。うちのママは”ママン・オ・ショコラ”だね!」幼い息子のひとことが数十年後に花咲いたことに、一番驚いているのはカトリーヌ・ブレア本人でしょう。子育てが終了し、一念発起して得意の料理やお菓子づくりを本格的に学び、ついにはチョコレートのプロとしてフランスの国家資格を取得。そして2017年、自身のアイデンティティでもあるムース・オ・ショコラ(チョコレート・ムース)がパリのコンクールで優勝を遂げました。パリ一番の”ママンの味”が日本でオフィシャルデビューします。

画像1: <ママン・オ・ショコラ>初のポップアップショップ開催

その芽生え
フランス・ノルマンディ地方の豊かな自然の中、カトリーヌ・ブレアは、料理上手な祖母や母から大きな影響を受けて育ちました。物ごころつくころにはキッチンに入りこんで、さまざまな食材が魔法のようにおいしい料理やお菓子に変わっていくのを熱心に眺めていました。また森でのベリー摘みやキノコ狩り、目の前の畑で採れる新鮮な野菜、そして農家から抱えて帰るしぼりたての牛乳やおいしいチーズなど、豊かな食体験が彼女に本物の美味を教えました。

画像2: <ママン・オ・ショコラ>初のポップアップショップ開催

お母さんからプロへ
結婚後、その興味は家族や友人のためにつくる料理やデザートという形でますます高まり、レシピの研究だけでなく、ノルマンディじゅうを訪ねて、良質の食材探しにも熱心でした。そしていつしか得意の料理やお菓子を仕事にするという夢を抱きます。子育てや仕事で多忙な合い間にも、一流シェフの本や生産者との交流、実際の食べ歩きなど独自の勉強に励み、ついには成人した息子の後押しもあって仕事を辞め、パリの料理・製菓学校へ。さらに国立の専門学校を経て、チョコレートのプロとしての活動を開始しました。
そして「パリ最高のムース・オ・ショコラコンクール」に挑戦し、エリゼ宮の総料理長や5ツ星ホテルのシェフパティシエら、そうそうたる12名の審査員による評価を得て優勝。それをきっかけに<ママン・オ・ショコラ>を立ち上げ、活動を始めました。

カトリーヌがその情熱を傾けて生み出した、パリ一番のムース・オ・ショコラが、期間限定で東京にやってきます。選ばれた素材と長年の研究で培ったオリジナルレシピによる、本物のフランスの”ママンの味”に出会える機会を、どうぞお見逃しなく。

<ママン・オ・ショコラ>ポップアップショップ
日時:2018年11月15日(木)~18日(日)および11月22日(木)~25日(日)
木曜~土曜 12:00~19:00 / 日曜 11:00~19:00 *期間中はカトリーヌ・ブレアが在店します。
場所:ヒルサイドパントリー代官山(渋谷区猿楽町18-12 ヒルサイドテラスG棟B1 TEL : 03-3406-6620)
販売商品:ムース・オ・ショコラ・ナチュール 500円 / ムース・オ・ショコラ・パッション 550円(いずれも税別)
スペシャル・ウィークエンド
11月17日(土)および18日(日)は来店者にボージョレ・ヌーヴォーの試飲をサービスします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.