アロマ生チョコレート専門店「ca ca o」から2019年のバレンタイン商品が発表されました。
コロンビア大使公邸にてブランド発表会が開催され取材に行ってきましたのでレポします!

海外初♡コロンビア「カントリーブランディング」ロゴ認定ブランド

画像: コロンビア大使公邸

コロンビア大使公邸

「チョコレートで日本のライフスタイルを豊かにしたい」「生産者と生活者の距離を近づけたい」との思いから、2015年4月に誕生したアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」。コロンビア産カカオを100%使用し高品質な商品を提供していることや、農園開拓や現地での水路開発、教育への投資といったサスティナビリティへの取り組みが評価され、2018年11月にコロンビア防衛振興機構の発行するコロンビア「カントリーブランディングロゴ」を認定されました。そんな縁もあって、今回コロンビア大使公邸にて発表会を催すこととなったのだそうです。

代表商品!アロマ生チョコレート「小町通りの石畳」

画像: 全30種、各1620円~2160円(税込)

全30種、各1620円~2160円(税込)

■「小町通りの石畳」

唾液量が少ない日本人の舌に合わせた、水分量の高いとろけるような口溶けの生チョコレートです。アロマのような香り高さが特徴のコロンビア産カカオをすべての商品に使用。カカオの風味と、合わせる素材の良さが出せるよう、チョコレートのカカオ分と素材も厳選されています。

そのほか、アロマ生チョコをベースにしたフィリングをたっぷり詰めたタルト「リッチ生チョコタルト」や、チョコレートをそのまま焼き上げた濃厚なガトーショコラ「リッチガトーショコラ」など、人気商品がそろいます。

美食学からアプローチ!今年の新作テーマはガストロノミー

画像: 【左】ベスト・オブ・コロンビア大使の中村孝則氏 【右】ca ca o代表の石原紳伍氏

【左】ベスト・オブ・コロンビア大使の中村孝則氏 【右】ca ca o代表の石原紳伍氏

発表会では、ベスト・オブ・コロンビア大使の中村孝則氏と、ca ca o代表の石原紳伍氏のトークセッションも。コロンビアに通じているお二人の現地グルメやカカオの話に花が咲きます。

「今年の新作テーマはガストロミーです」と石原氏。ガストロミーとは美食学とのこと。味わう環境も考えて開発する、ということなのだそうです。2019年の新商品として発表された「小町通りの石畳 生キャラメル」を試食した中村氏も「いろんなお酒と合いそう。おいしい!」と大絶賛でした。

■2019バレンタイン新作 「小町通りの石畳 生キャラメル」1944円(税込)

画像: 甘みとほろ苦さのバランスにこだわった自家製の生キャラメルには、トマコ産のシングルオリジン、力強いカカオ感のあるミルクチョコレートを。 とろける生チョコとバレンタインをイメージしたデザインは、ニューヨークで活躍するグラフィックデザイナー、リカルド・ゴンザレス氏が担当。

甘みとほろ苦さのバランスにこだわった自家製の生キャラメルには、トマコ産のシングルオリジン、力強いカカオ感のあるミルクチョコレートを。
とろける生チョコとバレンタインをイメージしたデザインは、ニューヨークで活躍するグラフィックデザイナー、リカルド・ゴンザレス氏が担当。

注目のコラボ商品!「治一郎とca ca oのバウムクーヘン」

画像: 【左】治一郎を手がける「YATARO」グループ 取締役COO 太田雅之氏

【左】治一郎を手がける「YATARO」グループ 取締役COO 太田雅之氏

ふわふわ食感で大人気のバウムクーヘン「治一郎」と「ca ca o」がタッグを組み、チョコレートバウムクーヘンを開発したとのこと!「カカオを入れるほどバウムクーヘンの生地が硬くなってパサパサになってしまうんです」とトークセッションで開発秘話を披露。バターをカカオバターにしたり乳化する技術を工夫したりと、試行錯誤を重ね完成したバウムクーヘンにも注目です。

■2019年バレンタイン新作 「治一郎とca ca oのバウムクーヘン」1944円(税込)

画像: 豊かな香りと上品な甘さが広がる、しっとり濃厚なバウムクーヘン。ビターとホワイトの2種。 【ビターチョコレート】華やかで個性的な香り、甘さとビター感のバランスがよい2種のビターチョコレートをブレンド。 【ホワイトチョコレート】コロンビア産ナチュラルなカカオバターを100%使用した、フレッシュ感あるホワイトチョコレートを使用。うすくレアに焼き上げた、しっとりミルキーなバウムクーヘン。

豊かな香りと上品な甘さが広がる、しっとり濃厚なバウムクーヘン。ビターとホワイトの2種。
【ビターチョコレート】華やかで個性的な香り、甘さとビター感のバランスがよい2種のビターチョコレートをブレンド。
【ホワイトチョコレート】コロンビア産ナチュラルなカカオバターを100%使用した、フレッシュ感あるホワイトチョコレートを使用。うすくレアに焼き上げた、しっとりミルキーなバウムクーヘン。

カカオの香りに溺れる♡30種類の生チョコレートとバウムクーヘンを試食

画像1: カカオの香りに溺れる♡30種類の生チョコレートとバウムクーヘンを試食

2019年のバレンタイン商品の試食タイムです!
全30種類の「小町通りの石畳」と2種類の「治一郎とcacaoのバウムクーヘン」が並ぶ様子は圧巻。「小町通りの石畳」はフレーバーごとにパッケージデザインが異なるので、見た目にも楽しいです♪

「推しチョコを教えてください!」とcacaoの方がシールを1枚くださいます。一番気に入ったチョコレートの箱にシールを貼るのだそう!
ちなみに石原社長の押しチョコは、赤ワイン香るお酒チョコ「BONJOUR」。中村氏の押しチョコは、天然海塩が甘塩っぱい「SURF」とのことでした。

画像2: カカオの香りに溺れる♡30種類の生チョコレートとバウムクーヘンを試食

私も早速いただきました❤️
「小町通りの石畳」は、そのとろける口溶けに驚き!どのフレーバーも素材の味がしっかり感じられ、チョコレートの風味と絶妙にマッチしています。一粒が一口サイズなのでパクパク食べられちゃいます。ちなみに私の推しチョコは、アールグレイとベルガモットが贅沢に香る「TEA」です♪

そして、気になっていた「治一郎とca ca oのバウムクーヘン」。試行錯誤したという生地は、しっとり焼き上がっていて治一郎らしさを感じられる仕上がりです。ビターチョコレートは、甘さの中にほろ苦さが感じられる大人な味わい。ホワイトチョコレートは、ミルクの甘さがふんわりと香り立つやさしい味わい。

カカオを楽しむ、すてきなバレンタインを・・・♡

画像: カカオを楽しむ、すてきなバレンタインを・・・♡

2019年バレンタイン販売商品「小町通りの石畳」は、ca ca o4店舗・東京SDC(2月1日より銀座三越)・梅田阪急・名古屋高島屋にて、「治一郎とca ca oのバウムクーヘン」は、ca ca o4店舗・梅田阪急・名古屋高島屋・グランスタ・羽田空港スタースイーツ、遠鉄百貨店にて限定販売される予定となっています。

今秋パリで開催されたサロン・デュ・ショコラでも大好評だったというca ca oの商品。
来年のバレンタインは、こだわりのカカオスイーツを贈ってみませんか?

【ca ca o公式WEB情報】
■ca ca o ブランドサイト( https://www.ca-ca-o.com
■ca ca o 鎌倉 Facebookページ( https://www.facebook.com/ca.ca.o.kamakura/
■ca ca o Instagram( https://www.instagram.com/cacaokamakura/
■Twitter( @cacaokamakura )
■ca ca o ECサイト( http://www.ca-ca-o.shop

This article is a sponsored article by
''.