フローフシは、2019年1月後半からNew Yorkで、新ブランドのローンチを賭けたティーザーキャンペーン「KEEP OR DROP」をスタートさせます。
画像: FLOWFUSHI新ブランドのティーザーキャンペーン「KEEP OR DROP」

人が物の価値を判断するときに基準にしている、「ブランド名」「価格」「売り場所」といった、すべてのフレームを隠した1本のリキッドアイライナーのサンプリングをNew Yorkで実施します。"人がBEAUTYという感覚に初めて出会った時"の何のフレームもない状態を再現し、普段ものの価値を判断するときに偏見となる情報が一切ないUnframeな状態で、シンプルにこのアイライナーが"好きか嫌い"か、"KEEPかDROP"かをジャッジしてもらい、"KEEP"であれば新ブランドをアメリカ市場でローンチ、"ROP"であればアメリカでの発売は中止となります。

なお"DROP"の場合は、アメリカでの発売は中止となりますが、日本では、"KEEP""DROP"の結果に関わらず3月14日に発売されます。どういう結果になるのか…FLOWFUSHI新ブランドのティーザーキャンペーン「KEEP OR DROP」に注目です!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.