世界有数の近視大国、日本。できるだけ裸眼で快適に過ごしたいと思いつつ、レーシックをためらっている人も多いのでは?そんな想いを救うべく、さらなる高精度を持つという「ICL」手術の専門クリニックが登場しました!

東京駅直結の最先端クリニック!

クリニックの名前は、「サピアタワー アイクリニック東京」。
そう、なんと東京駅日本橋口直結の、サピアタワーの7階にあるのです!最先端の手術を、日本各地、そして世界から来る人にも届けたいという想いから、この素晴らしい立地になったのだとか。

画像: クリーンでスタイリッシュな受付スペース

クリーンでスタイリッシュな受付スペース

ICLってどんなもの?!

そんなクリニックで受けられるICL(Implantable Contact Lens)は、現在考えられる最善の視力矯正方法と言われている手術。

画像: 手術室内のモニター画面。なんともクール!

手術室内のモニター画面。なんともクール!

レーシックのように角膜を削るのではなく、水晶体を残したまま眼球内に小さなレンズを挿入し、近視や乱視、遠視を矯正する手術で、所要時間はなんと両目で約10分!しかもいったん挿入したレンズは、メンテナンスフリーで、長期間良好な状態を維持できることから「眼内永久コンタクトレンズ」とも呼ばれているそうです。

もちろん執刀する医師も超一流。
ICL手術の認定医であり、医療法人社団豊栄会の理事長でもある貞松良成医師と、ICL認定医で、さらにICLエキスパートインストラクターの資格も持つ屈折矯正手術のパイオニア、北澤世志博医師の二名が執刀します。

画像: 執刀責任者の北澤医師

執刀責任者の北澤医師

近未来的なクリニック

クリニックの内装もとてもスタイリッシュ。
手術室は国内初のガラス張りのクリーンルームで、手術で使用していない時は外から最新の医療機器を見ることができます。

画像1: 近未来的なクリニック

揃えられた機器は全て最先端のものばかり。まるで映画のワンシーンのような空間で、見学しているだけでもわくわくしてきました!

画像2: 近未来的なクリニック

ICLの他にも、従来の白内障手術よりも高性能な「レーザー白内障治療」も専門とするこちらのクリニック。完全予約制で、まずは検査、そしてレンズの発注、そこから手術という流れになるそう。

詳しい料金体系や、手術の詳細等は、HPから是非チェックしてみてくださいね!
皆さんの視力の悩みが解消しますように…☆

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.