画像: 夜景とともに最高ランクの和牛が楽しめる・ONIQUE TOKYO(オニークトーキョー)☆

夜景とともに最高ランクの和牛が楽しめる・ONIQUE TOKYO(オニークトーキョー)☆

お肉が大好きで、無性においしいお肉をおなかいっぱい食べたくなり時があります。
そんな時にお友達を誘って行ってみたのは、ONIQUE TOKYO(オニークトーキョー)。
入口は知る人ぞ知るといった雰囲気で、店内に入ってみると高級感がありこれから楽しむお料理が楽しみになりました。
個室もありましたよ。
はじめてだったのでお店の方おすすめの【ONIQUE W コース】 をお願いしました。
ONIQUE TOKYOの世界観を堪能できるコースなんだとか。
■onique entree
はじめに出された一品。
タンバーガーなのですが、柔らかいタンに挟まれているのはパンなんです。
そえられているのは、さつまいものチップス。おしゃれすぎます。
果実たっぷりのスパークリングをいただきました。
お肉で金柑をくるんでいたり、ミモレットチーズがたっぷりかかっていたり。
コースははじまったばかりなのに、シェフのこだわりがつまったお料理で感動してしまいました。
■onique サラダ
ザブトンのシャーベットがかかっていて、特製の和牛ダシの風味がふわっと口の中に広がります。
■厳選和牛の握り寿司
■サーロインのユッケ
■和牛のお造り 和牛醤油で
見た目でも楽しめる一皿。
和牛のお造りにのっているのは、特製のコラーゲンジュレ。
トリュフの香り付けをした卵黄ダレとトリュフのスライスがのったサーロインのユッケもおいしかったのですが、特に振り袖に見立てたシルクのようなお肉を楽しむ厳選和牛の握り寿司は絶品でした。
■箸休め
箸休めは牛コツと新玉ねぎのポタージュで。
ほっとする優しい味です。
■和牛の巾着
赤身の旨味と甘味を併せ持つ部位でふんだんな生雲丹を包み込んだ贅沢すぎる一品。
目の前でスープをかけてくださいました。
巾着を口に入れて食べるとふわっとウニが出てきます。
その瞬間にスープを飲むと、もうおいしすぎて、悶絶しそうなくらい。
■カジツロワイヤル
旬の果実をロワイヤルでお口の中をさっぱりとさせます。
甘さも控えめですっきりと。
■A5和牛イチボの炭焼き 紀州備長炭仕上げ
備長炭で焼き上げた和牛の炭焼き。
焼く前にお肉を見せていただいたのですが、サシもきれいでうっとり。
焼き加減も好みを伝えることができたので、ミディアムレアでお願いしました。
しっとりとジューシーなお肉。
■和牛のテールダシしゃぶ
とろとろになるまで煮込んだテールの旨味を凝縮させた出汁で食べるしゃぶしゃぶ。
おしゃれなお鍋。
このお鍋、欲しくなっちゃいました。
2種類のお肉があったのですが、スタッフの方がおすすめの食べ方を教えてくださいました。
出汁にくぐらせてそのまま食べた宮崎産和卵と濃厚ダレに絡めてすき焼きにして食べたり。
出汁にくぐらせたものは、生黒胡椒を足していただくとまた風味を変えて楽しむことができます。
■牛テールだしの和牛土鍋ご飯
和牛のテール肉とテールスープを合わせて炊き上げたもの。
お米は山形県産つや姫です。
土鍋のふたを開けるとふわっと良い香り。
お好みですき焼きで使った宮崎産和卵と濃厚ダレをかけていただきます。
■甘味
おしゃれな食器にヌガーグラッセ。
メレンゲアイスにキャラメリゼしたアーモンドが入っていて風味も食感も楽しめました。
入店した際にはまだ明るかったのですが、食事をしている間に暗くなってきて東京タワーもきれいに見ることができました。
デートにもぴったりですね。
その時間には平日だったのですが、席は満席で人気のお店だという印象。
カウンターでシェフとお話しながら、贅沢な時間を過ごすことができました。
また記念日などに利用したいと思います。
店舗詳細
ONIQUE TOKYO(オニークトーキョー)
東京都港区芝5-31-24 勝文館共同ビル 8F
050-5595-9427
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13224264/
■SNS フォローしていただけるとうれしいです(クリックできます)
@himekagami
Ayumi Kuboi
himekagami
ONIQUE TOKYO (牛料理 / 三田駅、田町駅、芝公園駅)
夜総合点★★★★☆ 4.1

ameblo.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.