東京スポーツに定期的掲載している

おすすめDVDの評論記事が2月13日のスポーツ誌に掲載されるので

ご紹介します。

スクリーンショット 2019-02-11 1.12.42

『スパイナル・タップ』です。

こちらの映画は

1984年に製作された同作は、架空のイギリスのロックバンドである

スパイナル・タップを撮影したモキュメンタリーで。

ビートルズスタイルやフラワーチルドレンを経て、

ハードロックスタイルで活動するスパイナル・タップの全米ツアーに密着した

映画監督のマーティ・ディ・ベルギー氏が、結成秘話やメンバーたちの苦悩、

歴代ドラマーの怪死といったトラブルやステージを映し出すというあらすじで、

1980年代当時隆盛を極めていたハードロック、ヘヴィメタル文化や音楽を風刺している。

監督およびマーティ・ディ・ベルギー役を務めたのは、『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』『ミザリー』といった作品を手掛けているロブ・ライナーで。

リアリティを出した内容だったので

本国で公開されたとき観客がみんな本当の話だと思っていた」と述懐されています。

2003年の『エンターテインメント・ウィークリー』誌の「カルト・ムービー・トップ5」や、

『Mojo』誌が2005年に発表した「歴代ロック映画トップ10」、

『BLENDER』誌の「ロックンロール映画オールタイムベスト100」で第1位を獲得の

人気のある映画です。

是非チェックしてみてくださいね

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.