仕事帰りの自分へご褒美♡

2019年も引き続きシメパフェが人気!
日経MJが2017年11月に東京の新宿、渋谷、新橋で男女50人に「あなた がシメに食べたいもの」を調査したところ、1位はラーメンで、以下アイスクリーム、 お茶漬けと続きました。シメ市場が多様化してきたのは、若者を中心にSNS向けに、他人と違う写真を投稿したいという心理が背景にあるからと言われています。カラフルで見栄えがするパフェなどは話題を集めるシメメニューとして注目を集めています。シメパフェの熱は衰えず、2019年も引き続き、1日の終わりをパフェで締める「シメパフェ」ニーズが広がっています。

20:30以降の提供!仕事帰りに食べれるシメパフェ

GINZA4丁目 シメ パフェ (BISTRO MARX)
銀座四丁目交差点を一望できる「ビストロ・マルクス」では、夜のお食事後に「GINZA4丁目 シメパフェ」をご用意。春コレクション第6弾では、シェフパティシエ江藤英樹氏による遊び心を忍ばせた4種類をご用意。映画の後に、ディナーの後に、テラスで夜風を感じながらお好みのパフェでステキな1日を締めくくってみてはいかがですか?※提供時間 20:30~23:00

クープ・ドゥ・フレーズ “あまおう”
福岡県産“あまおう”を使った苺のパ フェ。中にたっぷりと詰めた苺と、ゼリー、マスカルポーネのクリームが合わさり、華やかに季節のハーモニーを奏でます。トップにはあまおうをふんだんに敷き詰めてソルベを添えました。
価格:2,200円

クープ・オ・ショコラ 〜トンカ豆〜
芳醇な香りのエクアドル産カカオ 「カミーノベルデ」を使ったムース ショコラ、クランブル、ソルベに相性の良いトンカ豆のクリーム、オレンジのコンフィを合わせたパフェ。
価格:1600円

国産グレープフルーツのパフェ -高知県・白木果樹園
高知県・白木果樹園の非常に珍しい、国産“ピンクグレープフルーツ”。極上の香りと気品ある酸味、綺麗な果肉と濃厚で深みのある味わい。白ワインのジュレ、マスカルポーネのクリーム、ヨーグルトのソルベ、果肉丸ごと使用したグラニテを添えて。
価格:2200円

クープ・オ・ヴァニーユ ラムレーズンのアイス
ブリオッシュを使ったフレンチトーストと、リンゴのキャラメリゼ、胡桃のクランブルとラムレーズンのアイス。 お客様の目の前でメープルシロップを注ぎます。寒い冬にぴったりのパフェです。
価格:1600円

住所:東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
電話番号:03-6280-6234

他でも続々シメパフェが登場!

SALON BAKE & TEA (サロン ベイク アンド ティー)
営業時間/11:00~21:30(L.O.20:30)
東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan3F tel.03-6380-1790
定休日/NEWoMan SHINJUKUに準ずる

HPより

salon.adametrope.com

夜パフェ専門店パフェテリア ベル
営業時間:17:00~24:00
東京都渋谷区道玄坂1丁目7-10新大宗ソシアルビル 3F
03-6427-8538

画像: HPより risotteria-gaku.net

HPより

risotteria-gaku.net
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.