株式会社伊勢半/KISSMEは、3月1日より解禁された2020年新卒採用において、通常の採用に加えて、自分らしい見せ方を通じて学生の個性の表現を推奨する採用制度「顔採用」を初めて導入。顔採用では、Instagramを活用したエントリー方法も用意されていて、「私らしさ」を表現した写真や動画を投稿することができます。

2020年の新卒採用にあたり大学生200名を対象に就活に関する意識調査をおこなった結果、半数以上の学生が就職活動におけるメイクや服装に不自由を感じていることが判明しました。さらに、自分らしさを表現して就職活動に臨みたいと答える学生が約半数実在するという結果となりました。 就職活動では普段とは異なる没個性的なメイクをしてしまうことや、型にはまった履歴書やエントリーシートなど、個性を表現できない就職活動の不自由さが浮き彫りになりました。(出典:「サークルアップ調査」)

株式会社伊勢半は、江戸時代に創業し190年以上の歴史がある老舗化粧品メーカー。今回新たな挑戦として、「顔採用」を通常の採用枠に加えて導入。この制度は、これまでよりも個性やダイバーシティが尊重される時代に突入しているなかで、1人ひとりがありのままの“私らしさ”を表現できる採用システムを目指しています。創業200周年に向け、株式会社伊勢半を象徴するコーポレートブランドとして2017年にリニューアルした「KISSME」は、「私らしさを、愛せる人へ。」をブランドメッセージとして掲げています。今後も就活生だけでなく、メイクを通じた自由な自己表現を応援する企業を目指しています。

顔採用とは

1.自分らしい見せ方を考えてください。
私たち伊勢半KISSMEのブランドメッセージ「私らしさを、愛せるひとへ。」
その「私らしさ」とは何か考えた上で、面接に来ていただきたいと思います。
メイクも、服装も、ご自身を表現できる装いでご応募ください。
「型にはまらない自由な発想で、新しい前例をつくりたい人」にお会いしたいからです。
2.もちろん性別は問いません。
メイクのテクニックや、当然ながら容姿で判断するものではありません。
男性でも女性でも、すっぴんでもフルメイクでも、大歓迎です。
3.商品企画職またはデジタルマーケティング・広報宣伝職です
商品のコンセプト立案からパッケージデザイン、販促用ツール開発を行う商品企画職。
商品の広報や広告宣伝、SNSなどデジタルツールを活用した施策の企画から実施まで行う
デジタルマーケティング・広報宣伝職を想定しています。

画像1: 顔採用とは

<顔採用 求める人財イメージ>
「粋にいけ」をコンセプトに、下記のような人財のチャレンジをお待ちしています。
■課題を見つけて行動を起こせる、ポジティブにいられる人。
■謙虚な姿勢を忘れずに、理想に向かって、自分を磨き続けられる人
■困難すら楽しみ、時代の変化に敏感に柔軟に対応できる人。
<顔採用 コンセプトムービー>
自分らしいメイクを通じて学生の個性や自己表現を推奨する「顔採用」のコンセプトムービーを特設サイトにて公開しています。

画像: KISSME 顔採用、はじめます。 youtu.be

KISSME 顔採用、はじめます。

youtu.be

<顔採用応募フロー/概要>
■応募条件:2020年3月卒業見込の学生
■配属先:商品企画部門またはデジタルマーケティング・広報宣伝部
■エントリー期間:2019年3月1日(金)~11日(月)12:00
■エントリー内容:以下2つをご提出いただきます。
①「私らしさ」を表現している写真及び動画(3枚以内)
※顔がはっきり分かるものを、最低1枚入れてください。
※動画も可能ですが、写真は必須でお願いします。
②ご自身のメイクや見せ方を通して、「私らしさ」について教えてください。(200文字程度)
■エントリー方法:2通りの方法をご用意しています。
①Instagram:ご自身のインスタグラムアカウントから写真・動画を投稿してエントリー。本文には「私らしさ」について(200文字程度)とKISSMEインスタグラムアカウント(@kissme.saiyou)のメンションをつけ、ハッシュタグ(#KISSME顔採用)を記載して投稿。
②WEB:応募フォーム(https://isehan-kaosaiyo.jp/)よりエントリー
■結果通知
合否連絡は2019年3月20日(水)~ 2019年3月22日(金)の間に順を追ってメール又はDMにてご連絡致します。選考を通過された方を対象に、3月29日(金)に会社説明会を実施いたします。
<就職活動に関する調査結果>
約半数の学生が就活における、メイクや服装をはじめとした容姿の見せ方について、不自由を感じている!さらに、“就活メイク”や“リクルートスーツ”ではなく、普段通りの自分で就活に挑みたいと50%以上が回答。見た目の不自由さが原因で“自分らしさ”を表現できてない学生が半数以上という実態が明らかに。就職活動において、「メイクや服装をはじめとした容姿の見せ方について、不自由を感じるか」と質問したところ、就職活動をしていると答えた学生のうち約半数(53.4%)の学生が不自由を感じていると回答しました。さらに、50.5%の学生が、 「いわゆる就活メイクやリクルートスーツではなく、普段通りのメイクや服装で、自分らしさを表現して、就職活動も臨みたい」と回答し、就活メイクなどの容姿の不自由さが学生の自己表現の妨げになっていることが明らかになりました。
【出典】「サークルアップ調査」
【調査時期】2019年1月10日~1月26日
【調査対象】大学生サークル専用アプリ「サークルアップ」に登録する大学1年生~4年生 男子大学生100名、女子大学生100名
【調査地域】全国

画像2: 顔採用とは
画像3: 顔採用とは
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.