どんな植物も小さな種から命は始まり、そして種へと繋がっています。

しかし、今1世代だけしか生きられないF1種や遺伝子組み換え作物などが増えるなか

地域で守られてきた、「本物の種」がどんどん姿を消し、

私たちの食は不自然なものへと変わっています。

種は私たちの子供達のものです。本物の種は、本物のいのちを育みます。

IMG_7052

自分が育てた種を持ち寄って参加者と交換し合う、「シードエクスチェンジ」のイベントに

参加してきました。

IMG_7046

社会起業家ジョン・ムーアさんが徳之島で育てた

種のお話や、

徳之島のおいしい食材を使った料理を頂きました。

IMG_7047

一般社団法人SEEDS OF LIFE 代表 ジョン・ムーアさん

この活動を始めたきっかけは?

何百年も前から続いてきた野菜の在来種が途絶えつつあること、

農薬や化学肥料の使用によって土そのもののエネルギーが失われつつあることに

危機感を感じたからです。 もはや「持続可能であること」だけでは十分でない。

今すぐに、この地球を蘇らせなければなりません。

もともと農家では、各地でその土地の在来種を育て、自家採種した種をみんなで分け合い、

種を継いできたものでした。それが戦後、アメリカから「F1(エフワン)」という技術が

もたらされ いつしか世界中で「F1種」が「在来種」に取って代わるようになりました。

植物は人間よりもはるかに賢い生き物で、

自分の仕事がちゃんと分かっています。

人間の知恵や技術を植物に押し付けるなんておこがましい。もっと自然に委ねるべきと

意見されていました。

IMG_7054

徳之島のおいしい食材を使った料理は

素材のうまみをつかった料理で

とってもほっこりしましたよ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.