観光名所としても人気が高い広島・宮島。そんな宮島で、女子旅するなら…?日本の歴史ある観光名所をせっかくめぐるなら、その時代の衣装を着て記念撮影を撮ってみたい。そんな願いをかなえてくれる素敵な施設を見つけました。

平安時代のおでかけスタイル「壺装束*」を着て散策できる、”平安衣裳・着物よそおい体験所 みやじま紅葉の賀”。今回、広島旅行で宮島を訪れた筆者と友人が、体験してきました。
*「壺装束」とは、平安~鎌倉時代の高貴な姫君が寺社参詣等の旅をなさった時の装いです。

一つ一つのスポットがそれほど遠くないので、疲れることなく廻ることができたくさんの写真と撮ることができました。道すがらたくさんの観光客の人たちが「一緒に写真を撮ってもいいですか?」と言ってきてくれるので、その時に手持ちのカメラやスマホで自分たちをたくさん撮ってもらうことができます。旅のよい想い出にもなりますね。

”みやじま紅葉の賀” は、宮島桟橋から徒歩約5分。
嚴島神社の門前町である表参道商店街内にあり、観光客でにぎわっているエリアにあります。1200年以上の歴史を持つお寺「大聖院」や名所「紅葉谷公園」などのお参り・散策を楽しめます。典雅な壺装束姿なら、美しいスポットの数々にとってもよく映えますよ。最大1時間30分の散策が可能なので、宮島ならではの装いで特別な思い出を沢山作ることができます。
(壺装束以外のお着物の着付けプランもあります。詳しくはHPでチェックしてください)

心の中にはあっても、日常生活からは遠ざかってしまいがちな日本文化。「可愛いね」「平安の姫君はオシャレだね」「写真がSNS映えする!」そんな風に女子旅の楽しさの中で気軽に触れることができます。

着付けの前に、体験所について散策についてのお願い事項を記載した書類を読みます。そして、いよいよ着付け。本格的な衣装でしっかりとした着付けを1名につき約10分でして下さり、気軽に体験することができます。
衣装も色々な種類があり、色とりどりの中から好きなものを選べるのでお友達と鏡で合わせながらお互いに似合う色を選びっこするのも楽しかったです。
また初めての方が多い壺装束ですが、うまく写真に写るポーズなども詳しく教えてくださり、より綺麗に写ることができるのも嬉しいポイント。せっかくの体験なので、より良い写真を撮りたいですよね。

日本三景のひとつ、安芸の宮島で絶景とともに”みやじま紅葉の賀”で、忘れられない女子旅はいかがでしょうか。

平安衣裳・着物よそおい体験所 みやじま紅葉の賀
〒739-0559 広島県廿日市市宮島町593-2階 表参道

This article is a sponsored article by
''.