東南アジア各国の1000人超のファンが大歓迎!

「祭」をテーマに日本のポップカルチャーを伝える「SUUPAA JAPAN presented by WAKUWAKU JAPAN」(主催:アノマリー)が11月14日にシンガポール セントーサ島で行われ、俳優の佐藤健さんがトークショーを行いました。

画像1: 東南アジア各国の1000人超のファンが大歓迎!

佐藤健さんがシンガポールを訪れるのは今回が初めてとあって、シンガポールのみならず、マレーシア、インドネシアなど東南アジア各国から1000人を超えるファンが押し寄せ、会場は熱気に包まれました!

画像2: 東南アジア各国の1000人超のファンが大歓迎!

「WAKUWAKU JAPAN」は、東南アジアを中心に、日本のドラマやバラエティ番組など人気のコンテンツを配信するケーブルチャンネル。東南アジア(シンガポール、インドネシア、ミャンマー)の視聴者に好きな日本の俳優についてアンケートをとった結果、佐藤健さんが上位に。このため7月には出演番組を集めた「佐藤健特集」が組まれ、今回の参加が決定しました。佐藤健さんの代表作でもある「るろうに剣心」シリーズは、第2・3作目のアジアプレミアを2014年8月にフィリピン、マニラで行い5万人の歓迎をうけるなど、東南アジアで絶大な人気を誇ります。

画像3: 東南アジア各国の1000人超のファンが大歓迎!

佐藤健の来星を待ちわびていたファンは朝から会場につめかけ、佐藤健が登場し、流暢な英語で挨拶すると会場はキャーッと黄色い声が…。当日は35℃に迫る暑さで、佐藤健さんが「あつー!!!」と声を上げるとファンはすぐに日本語を理解して笑いが起きました。その後は「仮面ライダー」「ROOKIES」「ビター・ブラッド」「天皇の料理番」など代表作について制作秘話を披露、40分ほどのトークショーの中盤、あまりの暑さに着ていたジャケットを脱ぐとファンが大興奮!仕草ひとつひとつに反応するファンの熱気ぶりに圧倒された様子でした。

「おとといの夜は、サッカーのシンガポール対日本戦を観たんです。興奮しましたね!夕食は、チキンライスとラクサを頂きました。とっても美味しかったです。昨日の夜は、チリクラブを頂いて、そのあとマーライオンを見に行きましたよ!シンガポールを満喫しています!」と嬉しそうに語っていました。

また、最新作となる映画「バクマン。」がシンガポールで11/19から公開することもあり、佐藤健さんからファンに映画の見所が語られた。同作の原作者である小畑健氏の「デスノート」はシンガポールで大ヒットしたこともあり、現地アニメファンに「バクマン。」は大きな期待が寄せられています。

画像4: 東南アジア各国の1000人超のファンが大歓迎!

最後にファンからの質問に答えるコーナーでは、「ダンスを披露してほしい!」というリクエストに苦笑する場面も。「そんな無茶なこと言うと帰るよ!」と話しながらも、終始東南アジアファンとの交流を楽しんでいました。

<佐藤健プロフィール>
1989年埼玉出身。2007年 連続ドラマ「仮面ライダー電王」で初主演を果たす。「ルーキーズ」、「ブラッディ・マンデイ」、「メイちゃんの執事」など多数のドラマを通じて人気を獲得し、その後「BECK」、「るろうに剣心」、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」などの大ヒット作で主演を務めその実力を着実に育てていった。2011年エランドール賞新人賞、2013年ジャパンアクションアワードベストアクション男優部門最優秀賞、2015年アジアン・フィルム・アワード優秀男優賞などを受賞し俳優として高い評価を得た。最近ではTBS日曜劇場「天皇の料理番」での演技が評価され、2015年東京国際ドラマアワード主演男優賞を受賞。現在公開中の映画「バクマン。」は興行収入16 億円を突破。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.