画像: 明けまして、おめでとうございます。

明けまして、おめでとうございます。

皆様、
今年もよろしくお願い申し上げます。
パワースポットとも呼ばれている
神社で大吉を引きました♡♡


意味が解らず
調べたところ、納得。


天の時は地の利に如かずという
故事成語について、解説していきます。
「天の時は地の利に如(し)かず。
地の利は人の和に如(し)かず。」
(原文)天時不如地利。地利不如人和。
孟子より


何事かを達成しようとする時、
天の時を得ていても、
地の利がなければ
成就することはできません。


また、地の利を得ていても、
人の和がなければ、これもまた、
成就することはできません。


ですから、天の時よりも地の利、
地の利よりも人の和が
大切であると言えます。


最も大切なのは、
人間そのものの努力、
グループ間での団結、協力です。


そして、人の和を得るためには、
リーダーとなる人物が、
大いなる人徳を備えている
必要があります。


人徳がなければ、
人の和を得ることができず、
グループ間の結束が
生まれないからです。


もちろん、天の時、
すなわちタイミングや、
地の利、すなわち置かれている
環境の強みも、
大切なことに変わりはありません。


中国古来の賢者達は、
天の時、地の利、人の和の
3つ全てがそろった時、
はじめて行動を起こしました。
ですから、大成功をおさめたものです。
しかしながら、3つ全てがそろわない時は、
人の和をしっかりと築き上げてから、
物事に臨む必要があります。


ameblo.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.