ナチュラルかわいい“手作り婚”が次世代ウェディングの新トレンド!

株式会社学研プラスは、インスタグラマーとしても活躍する青文字系雑誌『mer』人気読者モデル荒井愛花さんと辻千恵さんをイメージモデルとして起用し、ウェディング情報サービス『得ナビウェディング』と共にウェディングプロジェクトを実施しました。

画像1: ナチュラルかわいい“手作り婚”が次世代ウェディングの新トレンド!

2015年秋から東京・名古屋・大阪でイベントを行い、18歳~22歳の青文字系女子、計500名から、「理想のウェディング」についての意見を調査。イベント中に参加者がSNSで意見を発信するという、新しい手法を取りました。そして今回2月24日に、プロジェクトの集大成として、装飾から演出まで「青文字系女子500人の“理想のウェディング”」を叶えた、本物の結婚式さながらのウェディングパーティが開催されました。

画像2: ナチュラルかわいい“手作り婚”が次世代ウェディングの新トレンド!

青文字系女子にとって結婚式とは…?

高砂は作らずソファで、芝生の上でピクニック風…
“ナチュラルかわいい”ウェディングがみんなの理想!
かしこまりすぎないナチュラルな雰囲気の結婚式が人気。「自然がいっぱいで、ゆるーく幸せな空間を作りたい」「お花とか緑がいっぱいの結婚式」「大自然の中でバルーンリリースをしたい」、「ホームパーティーみたいな雰囲気で」など、かしこまらない自然な雰囲気でナチュラルかわいいウェディングが理想。衣裳については「古着の生地を縫い合わせて世界に一つしかないドレスを作りたい」「ドレスにコンバースを合わせたい」などの意見が。ゲストに関しても、「ゲストも好きな洋服で来てほしい」「スニーカーで参列してほしい」など、今までの結婚式のイメージにとらわれない意見が聞けました。

画像: 青文字系女子にとって結婚式とは…?

結婚式を挙げたい派が大多数。結婚式は「感謝を伝える場」
事前に実施したアンケートでも、実にmer読者の93.8%が挙げたいと回答。会場の意見では「結婚式って女の子の夢」「親孝行の一つ」「みんなに感謝を伝える場だと思う」などの回答が多く寄せられました。
ゲストとの“つながり感”を重要視、サプライズ、手作りが人気
ゲスト全員が楽しめる“つながり感のある演出として、「手作り」と「サプライズ」を重要視する声が多かく寄せられました。手作りについては、「お互いのお母さんと一緒に料理を作ってゲストに食べてもらいたい」「一人一人に手書きのメッセージを書きたい」。サプライズについては「新郎新婦からゲストへサプライズをしたい」、「ゲストも映っているサプライズ映像を流す」「バルーンから登場したい」などの意見が。中には「友達カップルと一緒にダブル結婚式をしたい」という意見もありました。

画像: 左:荒井愛花さん 右:辻千恵さん

左:荒井愛花さん 右:辻千恵さん

【日時・場所】 2月24日(水)18時~20時 シャルマンシーナ TOKYO 
(渋谷区神宮前4-5-6)
【イベント名】得ナビウェディング×mer 『ウェディングサミット』
【参加モデル】荒井愛花、辻千恵
【集客数】100名

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.