呉阪急ホテルは、12月21日(水)から「大長(おおちょう)レモンスフレロール」を発売します。
画像1: 「大長レモン」を使用したスフレロール

広島県は年間収穫量全国シェア60%を占める国内最大のレモン産地です。国産レモンが初めて栽培されたのが、今から100年以上も前の明治31年、大崎下島(おおさきしもじま)の大長村(おおちょうむら)(現在の呉市豊町大長(ゆたかまちおおちょう))である事はあまり知られていません。同地区周辺はその自然環境から柑橘系の栽培が盛んで「大長みかん」が有名ですが、今回、同ホテルでは同地区周辺で栽培されるブランドレモン「大長レモン」を使用した「大長レモン スフレロール」を発売します。

画像2: 「大長レモン」を使用したスフレロール

【販売開始日】2016年12月21日(水)
【商品名】「大長レモン スフレロール」
【特徴】レモンの爽やな酸味を感じていただけるよう、果肉やピールは使用せず、果汁で軽い口当たりに仕上げたクリームを、ふんわり焼き上げたスフレ生地で巻いたシンプルなロールケーキです。
【販売場所】ホテル1階 バイキング「イルマーレ」テイクアウトコーナー
【料金】
ロール1本 1,200円、1カット 300円
イートイン 850円
<場所>1階ラウンジ「カスカード」
<内容>大長レモンスフレロール(1カット)+コーヒー・紅茶・ハーブティーいずれか

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.