財政破綻した「夕張市」で市長の給料を引き上げる方針が固まり、注目が集まっている。 月額25万9千円→43万1千円へ 北海道新聞は16日、夕張市が市長の給料を引き上げる方針を固めたと報じた。 現在の夕張市長の給料は月額25万9000円、年収にして約300万円台と全国の市町村で最低。 市の第三者委員会は市長等の給料が「異常ともいえる低い水準だ」と指摘し、市長の給料を月額43万1000円にする条例改正案を、3月の定例市議会に提出する予定だとか。 引き上げ時期は、現市長の任期が終わる2019年度にする考え。合わせて、他の特別職の給料削減幅も緩和する方針だという。 財政破綻で給料が70%減額 夕張市は2006年に財政破綻した。 夕張市長の給料 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.