イエール大学は、コネチカット州にあるアメリカの難関校のひとつだ。そんな名門大学に、「あるピザ店への愛」をエッセイに綴って入学を許可された女子高生がいる。 それが米テネシー州在住のキャロライナ・ウィリアムズさんだ。 ▼左の女の子 エッセイの内容 キャロライナさんが「好きなことを200ワード以内で書け」という入学課題で書いたのは、アメリカの大手ピザチェーン店パパジョンズへの愛情だ。 「配達員がドアベルを鳴らすと、私はパブロフの犬のようになります」「子どものころ、ピザを頼むと大人になったような気がしていました。いまだにパパジョンズのピザは、私の中の子どもを満足させてくれるのです」「日常的な8つのスライスは、私の独立心を、安らぎを、そして喜 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.