全ての恒星は双子星であるという最新学説が発表された

天文学の世界には、太陽は双子星(連星)の片割れであるという仮説がある。もう一方の星(伴星)は「ネメシス」と名付けられ、古代の地球に大量の隕石を降らせた原因ではないかとされているが、これは単なる仮説で、実在を示す証拠はこれまで見つかっていなかった。 ところが最近になって、ネメシスの存在を裏付ける新学説が発表された。 全ての星は双子星として生まれる ほぼ全ての星(恒星)は双子星として生まれる——これが米国カリフォルニア大学の研究者グループが発表した新説だ。 いくつもの新しい星が生まれつつある場所として有名な、ペルセウス座の巨大分子雲を研究者たちは調査し、この結論に至ったという。 「我々研究グループは、ペルセウス座の分子雲の中にある生まれ [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.