天才建築家ガウディの処女作「カサ・ビセンス」が今秋より一般公開

スペイン・カタルーニャ出身の天才建築家アントニ・ガウディの処女作と言われる「Casa Vicens(カサ ビセンス)」が10月より一般公開されます。 1883年~1885年の間に建設されたバルセロナ・グラシア地区にあるこの建物は、約130年間、個人の邸宅として使用されていたため中を見ることはできませんでした。 しかし2014年、アンドラの銀行モラバンクが購入したことから、世界の歴史的遺産の一環として改装プロジェクトがスタート。そしてこのたび10月の一般公開がアナウンスされました。 Casa Vicens. Gaudí. Barcelona.さん(@casavicens)がシェアした投稿 – 2017 3月 9 5:12午 [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.