【編集部Pick Up特集】インスタ女子必見!2017ハロウィン特集記事はこちら!





第1位はタイのあの、カレーでした!

わさび製品を中心に香辛料・調味料を開発・製造する、株式会社万城食品は本格的な夏到来を前に、全国のお子様がいる20〜30代主婦を対象に、「家庭で食べているカレー」や「こ夏作ってみたいカレー」に関するアンケートを実施しました。

98%主婦が「カレー好き」約半数主婦、月2回以上カレーを自分で作ると回答

今回調査で実に98%もの主婦が「カレー好き」だということがわかりました。カレーが好きと回答した主婦にカレーを作る頻度に関する質問をしたところ、週 2〜3 回が2%、週1回が13%、月2〜3回程度が35%となり、また、カレーの利便性に関する質問では、「調理が簡単で、作るのが面倒くさい時に便利!」という回答が最も多くなりました。約半数の主婦が月に2回以上、メニューに悩んだ時でも簡単にできる料理としてカレーを作っていることが判明しました。

画像1: 98%主婦が「カレー好き」約半数主婦、月2回以上カレーを自分で作ると回答
画像2: 98%主婦が「カレー好き」約半数主婦、月2回以上カレーを自分で作ると回答

でもカレーを作る時、1番悩みは「家族全員同じ味に調整すること」。
8割家庭が、子ども嗜好に合わせた辛さカレーを食べていた!

家庭でカレーを作る時の悩みに関する質問で最も多い回答は「カレー辛さを、子どもと親、どちらか味覚に合わせなければならないこと」でした。また、66%のご家庭では「子どもと親が食べるカレーを分けない」で作っており、その内の8割が「子ども」に合わせた辛さでカレーを食べていることが判明。一方、カレーの調理時間に関する質問では、30分以上1時間未満が56%と最も多く、次いで1時間以上3時間未満が25%と丁寧に時間をかけて作っていることも判明。多く家庭でカレー調理には時間がかかるため、子どもに合わせたカレーのみを作っていると推測されます。

画像1: でもカレーを作る時、1番悩みは「家族全員同じ味に調整すること」。 8割家庭が、子ども嗜好に合わせた辛さカレーを食べていた!
画像2: でもカレーを作る時、1番悩みは「家族全員同じ味に調整すること」。 8割家庭が、子ども嗜好に合わせた辛さカレーを食べていた!

この夏、主婦が作ってみたいカレーの第1位はタイ「パッポンカリー」

「手間がかかる」イメージが強かったエスニックカレーですが、簡単にできるであれば「エスニックカレーを作ってみたい!」と回答した主婦は実に3/4以上存在することがわかりました。近年、注目度高いエスニックカレー。「この夏、作ってみたいエスニックカレー(タイカレー、スリランカカレーなど)は?」という質問では、コクある甘さとマイルドな味が特長のタイ「パッポンカリー」が第1位に!また、「簡単にエスニックカレーをできるであれば作ってみたいか?」と質問したところ、実に77%主婦が「是非作ってみたい!」「機会があれば作ってみたい!」と回答。ご家庭でもエスニックカレーを気軽に食べたいと考えている主婦が多いことがわかりました。

画像1: この夏、主婦が作ってみたいカレーの第1位はタイ「パッポンカリー」
画像2: この夏、主婦が作ってみたいカレーの第1位はタイ「パッポンカリー」

「パッポンカリー」とは?
コクある甘さとマイルドな辛さで日本人好み味わいが特徴、卵を絡めたカレーです。パッポンカリーという言葉、タイ語でパッ(炒める)、ポン(粉)、カリー(カレー)でタイ風カレー炒めを意味します。本場タイで庶民的な屋台から高級レストランまで幅広い場で提供され、老若男女に愛されています。「いま日本人がタイに行ったら食べたい名物グルメ」でも第1位に選ばれた、今注目タイカレーです。

画像3: この夏、主婦が作ってみたいカレーの第1位はタイ「パッポンカリー」

コクある甘さとマイルドな辛さが特長で、フライパン 1つで、様々な材料と5分ほど炒めるだけで簡単に調理することができる、「パッポンカリー」。ぜひ一度お試しください!

画像4: この夏、主婦が作ってみたいカレーの第1位はタイ「パッポンカリー」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.