「コロンブスの卵」といえば、コロンブスが知恵を働かせてゆで卵を立たせる逸話です。 結果的に簡単な作業だったとしても、最初に試してみる勇気と知恵の大切さを説きます。 2017年、ついに卵は浮かせる時代になりました。 浮かせた張本人で、現代の魔法使いと呼ばれるメディアアーティストの落合陽一さん(29)=筑波大助教兼学長補佐=に、IRORIO編集部が「物が浮く」未来への展望を聞きました。 浮かせるのは「非対称」だと難しい 落合さんは今回、大手電子部品メーカー・TDK(東京都港区)とともに、卵とりんごを再現した模型、ホールケーキを載せた台座の3つを磁気で浮揚させる企画に挑戦しました。 落合さん:今回は、浮いていているときれいだからやってみよ [...]

irorio.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.