女子大生社長・椎木里佳率いるJCJK調査隊が厳選!「〇〇み」「熱盛」「彼女感」がランクイン!2018年はクールコリアがさらに過熱する…?!
画像: JCJK流行語大賞2017&2018年トレンド予測を発表!

トレンドのリサーチが得意な”JCJK調査隊”の精鋭メンバーの選考結果をもとに、「2017年の流行語大賞」と「2018年のトレンド予測」を、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて発表されました。

JCJK流行語大賞2017

流行の先端にいる"JCJK調査隊"が選ぶ、今年の注目は「韓流」「リア恋枠」「彼女感」etc…!

【ヒト部門】
1位に輝いたのは、韓国のガールズグループ「TWICE」です。顔の前で手でTの文字を作って泣き顔を表現する“TTポーズ”がSNSを通して女子中高生の間で大流行しました。今年の紅白歌合戦にも、唯一の外国勢として選出され話題となっています
2位の「竹内涼真」さんがブレイクしたポイントは、“リア恋枠”です。芸能人でありながらリアル(身近)にいそうな雰囲気が、付き合えるかもしれないと淡い期待を抱くことができると人気になりました。
5位にランクインした「菅本裕子」さんは、昨年当社が2017年にブレイクすると予測し、見事的中いたしました。SNSを駆使した情報発信や自己プロデュース力が話題となり、多くの女子中高生に支持されています。

画像: 流行の先端にいる"JCJK調査隊"が選ぶ、今年の注目は「韓流」「リア恋枠」「彼女感」etc…!

【モノ部門】
たっぷりのチーズを味わえる韓国料理「チーズタッカルビ」が1位を獲得。韓国料理の聖地新大久保に連日の女子中高生が詰めかけました。
3位の「ウユクリーム」は、韓国発のコスメレーベル「3CE」から発売している肌のトーンを明るく見せるクリームです。その効果や牛乳パック型のかわいいパッケージが話題となりました。

【アプリ部門】
1位はInstagramの「ストーリー」です。タイムラインを埋めずにリアルタイムで写真や動画を投稿できる機能で、”ストーリーってる”という動詞が生まれるほどに、女子中高生の生活に浸透しています。ご飯を食べるとき、友達と遊ぶときなど、女子中高生は1日最低3回はストーリーを更新していると言っても過言ではありません。
4位の「Foodie」は、食べ物をおしゃれに撮影するアプリですが、スマホのインカメラよりもきれいな画質で撮影できるということで、自撮り用に使う人が増えました。

【コトバ部門】
1位に選ばれた「○○み」は、「うれしみ」「かなしみ」というように、形容詞の語尾につけて使用されています。特に意味はないですが、「み」をつけると心からの言葉に聞こえると、今年多くの女子中高生の会話の中で使用されました。
2位の「熱盛」は、ニュース番組の放送事故からTwitterで話題になった言葉です。多くの女子中高生が、放送を真似して、会話の途中で「熱盛!」と言ったり、「熱盛と出てしまいました失礼いたしました」と返したりする会話を楽しみました。
3位の「彼女感」は、ご飯を食べていたり、テーマパークで手を繋いでいたりと、まるで彼氏が撮ったかのようなプライベート感溢れる視点で撮影された写真や動画等を指す言葉です。読者モデルなどがSNSでそのような写真を投稿したことをきっかけに、自撮りならぬ“他撮り”が女子中高生の間でブームとなりました。

今年の流行をふり返ると、女子中高生たちは、「TWICE」や「チーズダッカルビ」「ウユクリーム」など、ヒト・モノともに、韓国からやってきたコンテンツに非常に熱狂していた1年であったといえます。また「菅本裕子」さんや「彼女感」など、SNSの中からスターやトレンドが次々と生まれおり、SNSを通した情報収集や情報発信が女子中高生たちの生活の中に溶け込んでいることがわかります。

JCJK 2018年トレンド予測

椎木里佳が大胆予測!来年も加速する“クールコリア”に注目!

【ヒト部門】
特に多くの注目が集まっているのが、台湾在住の日本人兄弟「英亜くん・英蘭くん」です。CGかと思うほどに整った容姿が世界で話題を呼んでおり、世界をまたにかけた新たな日本人スターの誕生となりそうです。
モデル・俳優の「杉野遥亮」さんは、今年時の人となった「竹内涼真」さんと同様、女子中高生でのブレイクには欠かせない“リア恋枠”としての人気が期待されています。
また、韓国のガールズグループ「BLACKPINK」は、“すでに「TWICE」を超えた”という声も聞かれるほどに人気急上昇中です。

【モノ部門】
モノ部門に選ばれた「ヘアラインシャドウ」は、今年流行した「ウユクリーム」を手掛けるコスメレーベル「3CE」から発売されている新しいコスメで、額の髪の生え際に使うシャドウです。額のラインを整えるとともに小顔効果もあるとブームの兆しを見せています。
「ヘアバトン」は、棒状になっているヘアアクセサリーで、ヘアセットした部分に差し込んで使います。簡単に使用でき、様々なデザインがあることから、校則が厳しい中高生も手軽におしゃれができると人気を呼んでいます。

画像: 椎木里佳が大胆予測!来年も加速する“クールコリア”に注目!

【アプリ部門】
これから女子中高生のシェアがさらに伸びると予測されるアプリは「カカオトーク」です。韓国発のメッセンジャーアプリで、女子中高生の間では通称「カトク」と言われています。LINEだと友達が多すぎて会話に疲れてしまう・・・とう中高生たちが、家族や彼氏、仲のよい友達だけに絞ってコミュニケーションできるツールとして、 LINEの裏アカウントのような感覚で使用しています。
また、友達や家族の位置情報が共有できる「Zenly」も密かなブームとなっています。「近くにいるから少しだけお茶しよう!」というように気軽に声をかけることができ、コミュニティを広げるきっかけとなっています。
「Kwai」は、韓国で大ブームとなっている口パク動画アプリです。韓国語に合わせて口を動かすと、まるで韓国語を話せるようになった気分になることができて楽しいと、日本の女子中高生の間でも人気が出てきています。

【コトバ部門】
「~ペン」は、韓国語で「~ファン」という意味の言葉です。好きなアーティストや芸能人の名前とともに使われています。
「〇〇盛」は、今年流行した「熱盛」から派生した言葉です。来年は、「熱盛」だけではなく、悲盛・乙盛など様々な感情表演として日常会話でさらに使われると予測します。

2018年は今年に引き続き、ヒト・モノ・アプリなどあらゆる場面で韓国コンテンツへの人気がさらに集まる“クールコリア”現象が起こると予測しています。韓国のアーティストが女子中高生の憧れの的となり、多くの女子中高生がInstagramやTwitterを使って好きなアーティストのファッションやメイクなどをリサーチし、それ真似することで、多方面へと韓国ブームが広がっていると考えられます。また、韓国発のブランドは学生でも取り入れやすいお手頃価格であることも人気を呼ぶポイントでしょう。来年も韓国ブームが女子中高生の間でどのように展開されるのでしょうか…?

画像: 「JCJK調査隊」について 女子大生社長・椎木里佳が運営する、“世界に日本のJKのかわいい文化”を発信する約100名の女子中高生マーケティングチーム。市場調査や、企業の商品開発サポートなどを行っています。主な活動は、クライアント企業との座談会やアンケート調査など、JCJK調査隊としてのメディア出演もあります。

「JCJK調査隊」について
女子大生社長・椎木里佳が運営する、“世界に日本のJKのかわいい文化”を発信する約100名の女子中高生マーケティングチーム。市場調査や、企業の商品開発サポートなどを行っています。主な活動は、クライアント企業との座談会やアンケート調査など、JCJK調査隊としてのメディア出演もあります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.