猫耳が生えたスカートや真っ赤なスリット入りワンピースを展開

周りの人がつい振り向きたくなるような“オーラを纏えるモノづくり”をコンセプトにした新ブランド「July(ジュラーイ)」が2018年秋冬よりデビューします。

画像: 大人女子向け新ファッションブランド『July』誕生!

“find a little innocent from 18's”をテーマに2018AWよりデビュー。
デビューコレクションの一つは、ウールの産地で有名な尾州の機屋の方と共にオリジナルジャガードを織り上げました。デザイナーでありブランド代表である城倉が、幼少期から好きだった猫をデザイン。低速織機で丁寧に織り上げた綿100%の生地は、控えめな薄い杢グレーをベースにグレーの細かな線で猫が描かれ、親猫と子猫の耳には太さの違うウールのループヤーンを織り込みました。さらに、デザインされた猫の耳から生えた毛は、お客様自身で楽しんでもらえるよう長さを調節したり形を整えたりできるような余白を残しています。

画像: 猫柄コート(税抜 7万2千円)

猫柄コート(税抜 7万2千円)

画像: 猫柄スカート(税抜 4万6千円)

猫柄スカート(税抜 4万6千円)

真っ赤なタータンチェックのコートや清楚な印象ながらもサイドに大きくスリットが入ったワンピースもオリジナルテキスタイルからデザインしています。

画像: 真っ赤なタータンチェックのコート(税抜 8万5千円)

真っ赤なタータンチェックのコート(税抜 8万5千円)

画像: スリットが入ったワンピース(税抜 6万9千円)

スリットが入ったワンピース(税抜 6万9千円)

■Designer profile
城倉宏美
1988年7月生まれ 東京都出身
高校時代の3年間をオーストラリアのアデレードで過ごす。
現地のブランドの服を着て街を歩いた際に、何度も通りすがりの人に着ていた洋服を褒められた経験からファッションに興味を持つようになる。
上智大学卒業後、アパレル販売員として百貨店に勤務。
その後、文化服装学院に入学し在学中にアパレル企業でのインターンやアシスタントデザイナーの経験を積み1年間の準備期間を経て2018AWより、デザイナー自身の誕生月を冠したJulyを始動。
今後の展望でもあり理想は、趣味で集めているビンテージ品や食器、旅先での光景から古き良きを知りながらも新しいものを模索し続けること。

映像作家 吉田ハレラマが「July」の世界観を表現した動画を制作

「July(ジュラーイ)」の世界観が詰まった動画をぜひチェックしてみて!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.