年間約1400万人以上も訪れる観光リゾート地である那須にて、昭和40年にレジャーランドの先駆けとしてオープンし、今もなお人気を誇る「那須りんどう湖レイクビュー」では、 2018年4月、奈良の大仏よりも大きいアヒルのお友達"ピンキーダック"を同施設内にある「りんどう湖」に設置するなどし、話題を呼んでいます。そしてこの度、園内にて4月から提供しているコーンまで真っ白"まるで雲のようなソフトクリーム"「Cloudy Cream(クラウディクリーム)」に、第二弾「ぱんこーん」が登場。これを記念し 「那須りんどう湖レイクビュー」では、流行の発信地・表参道に店舗を構えるキャンピングトレーラーカフェ「the AIRSTREAM GARDEN」と初めてのコラボレーション。8月中旬までの期間限定で 「Cloudy Cream」と「ぱんこーん」を販売します。

ぱんこーん(PANCORN)

りんどう湖ファミリー牧場で飼育された、ジャージー牛のフレッシュでコク深いミルクと生クリームを贅沢に使用したソフトクリーム「クラウディクリーム」の第二弾!シナモンシュガーがアクセント♪コロネ状のパンに、贅沢にソフトをのせました。どこか懐かしく可愛らしい、コーンまでもくもくした雲のようなひんやりスイーツです。

東京・表参道「the AIRSTREAM GARDEN」では「Cloudy Cream」と「ぱんこーん」を期間限定販売!

8月中旬までの期間限定で、流行の発信地・表参道に店舗を構えるキャンピングトレーラーカフェ「the AIRSTREAM GARDEN」と初のコラボレーション!

「Cloudy Cream」¥500(税込)
りんどう湖ファミリー牧場で飼育された、ジャージー牛のフレッシュでコク深いミルクと生クリームを贅沢に使用しました。素材の持つ味わいや品質を、最高の状態でお届けできるよう改良を重ね“濃厚でクリーミーな味わい”と“心地よい甘さ”、 “なめらかな口どけ”の最高のバランスを実現いたしました。真っ白な見ためはまるで雲のように、園内に広がるたくさんの景色に溶け込んでいきます。名前もそのまま「Cloudy Cream(雲のクリーム)」と名付け、景色や味わいだけでなく、手にするお客様の気分にもなめらかに溶け込み、愛される商品となることを願っています。空に掲げたあとの「すこし溶けたとき」が食べごろです。

画像: 双子の子ひつじ「しらたま」と「だいふく」 7月8日(日)と22日(日)限定で、「那須りんどう湖レイクビュー 」から東京・表参道のエアストリームガーデンに駆けつけます。今年1月に園内で生まれた双子の子ひつじ「しらたま」と「だいふく」。甘えん坊な「しらたま」に、マイペースな「だいふく」は、見ているだけで癒されます。大好きな人参をあげたり、優しくなでたり、表参道を散歩したり…♡楽しもう♪ ※場合により、別のひつじさんに変更あり。

双子の子ひつじ「しらたま」と「だいふく」
7月8日(日)と22日(日)限定で、「那須りんどう湖レイクビュー 」から東京・表参道のエアストリームガーデンに駆けつけます。今年1月に園内で生まれた双子の子ひつじ「しらたま」と「だいふく」。甘えん坊な「しらたま」に、マイペースな「だいふく」は、見ているだけで癒されます。大好きな人参をあげたり、優しくなでたり、表参道を散歩したり…♡楽しもう♪ ※場合により、別のひつじさんに変更あり。

画像1: 東京・表参道「the AIRSTREAM GARDEN」では「Cloudy Cream」と「ぱんこーん」を期間限定販売!

-販売概要-
■販売期間:7月3日(火)〜8月中旬(予定)
■販売するスイーツ
「Cloudy Cream」¥500(税込)
「ぱんこーん」 ¥650(税込)
※「しらたま」と「だいふく」の来店日は、
7月8日(日)、7月22日(日)を予定。
※場合により、別のひつじさんに変更あり。
-SHOP DATA-
■店舗名:the AIRSTREAM GARDEN(エアストリームガーデン)
■営業時間:11:00-18:00
■住所:東京都渋谷区神宮前4丁目13-8
■TEL:03-6408-9085
■URL https://airstream-garden.com/
■アクセス: 表参道駅(銀座線・半蔵門・千代田線)A2番口より、徒歩約3分
明治神宮前駅(千代田・副都心線)5番口より徒歩約7分
原宿駅(山手線)表参道口より徒歩約10分

画像2: 東京・表参道「the AIRSTREAM GARDEN」では「Cloudy Cream」と「ぱんこーん」を期間限定販売!

「那須りんどう湖レイクビュー」とは?
昭和40年、栃木・那須におけるレジャーランドの先駆けとしてオープンした「那須りんどう湖レイクビュー」。
2018年4月28日より「那須りんどう湖レイクビュー」史上最多の新コンテンツを導入し、親子三世代の遊び心をくすぐるレジャーランドへと生まれ変わるため、園内の様々なコンテンツをバージョンアップ中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.