【編集部Pick Up特集】インスタ女子必見!2017ハロウィン特集記事はこちら!





軽井沢星野エリアでは、近年人気が上昇しているクラフトビールの世界を楽しむイベント「軽井沢クラフトビアテラス」を、7月14日~8月20日に開催します。個性豊かなクラフトビール8種類を販売するほか、料理との組み合わせを楽しむペアリングや、クラフトビールについて学ぶ講座など、涼しい軽井沢だからできるクラフトビールの楽しみ方を提案します。

画像1: クラフトビールの世界を楽しむイベント「軽井沢クラフトビアテラス」を開催

日本で消費されるビールの99%は、ラガー(ピルスナー)という種類です。おなじみの「キンキンに冷やしてゴクゴク飲む」ビールで、高温多湿の都会の夏にぴったりですよね。一方で、クラフトビール、特に今回提供するエールビールという種類のビールは、コクや華やかな香りが身上。ややぬるめの13°C前後が適温で、ゴクゴク飲むよりも、味わいを楽しむビールです。軽井沢は標高1000メートル前後の高原にあり、熱帯夜とは無縁の夏を過ごせます。夕暮れ時になると気温 が下がり、涼やかな風が吹く軽井沢の夏は、エールビールを味わうのに適した気候です。まるでワインを味わうように、色や香り、酸味・苦味・甘味のバランスをゆったり楽しむことができるのです。

個性の際立つクラフトビールが8種類
軽井沢クラフトビアテラスで販売するビールは8種類。濃厚な黒ビール「軽井沢高原ビール・ナショナルトラスト」、フルーティーな柑橘類を思わせるアロマとなめらかな泡が特徴の「よなよなリアルエール」、ホップの強烈な苦味が癖になる「インドの⻘⻤」などを予定しています。いずれもクラフトビール醸造所「ヤッホーブルーイング(⻑野県軽井沢町)」のビールで、個性が際立ち、バラエティ豊かなラインナップです。どれを選んだらよいか迷ってしまいそうな方には、「3種飲み比べセット」がおすすめです。

クラフトビールと食べ物のペアリング
ワインのように色や香り、味わいを感じることができるクラフトビールは、食べ物とのペアリングを楽しむのにも適しています。「酸味」「苦味」「甘味」に注目し、同じ要素をもつビールと食材を組み合わせた、3種セットを販売します。ペアリングによる味わいの変化を堪能できます。 

画像2: クラフトビールの世界を楽しむイベント「軽井沢クラフトビアテラス」を開催

<3種セット>
・酸味・・・ビール:軽井沢高原ビール ベルジャンホワイト × 料 理:トマトのピクルス
・苦味・・・ビール:インドの⻘⻤(インディアペールエール) × 料 理:セロリの味噌ディップ添え
・甘味・・・ビール:軽井沢高原ビール ナショナルトラスト(ポーター) × 料 理:花豆甘納豆
■料金:ペアリングセット 1,500円(税込)

軽井沢星野エリア
⼤正時代、⽂豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた星野エリア。古くから多くの⼈に愛されているこの場所は、現在、⾃然や⽂化を愛する⼈々が集う“⼩さな街”となりました。100本を超えるハルニレの樹々を渡る爽やかな⾵、川のせせらぎと柔らかな⽊洩れ⽇。その空間は「星野温泉 トンボの湯」からつながる軽井沢のモダンな温泉街です。
〒389-0194 ⻑野県北佐久郡軽井沢町星野

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.