チームラボが、夜の水族館をデジタルアート空間に!

チームラボが、夜の新江ノ島水族館(神奈川/藤沢市)をデジタルアート空間にする「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」が開催されます。“えのすい”こと新江ノ島水族館を夜の光の水族館にします。新作の、大水槽に花々が咲き渡るインタラクティブなデジタルアート作品「花と魚- 相模湾大水槽 」など、3作品を展示。また、「チームラボカメラ」、「お絵かき水族館」を展示します。期間は2015年7月18日(土)~2015年12月25日(金)まで。

画像: 花と魚- 相模湾大水槽 / Flowers and Fish- Enoshima Aquarium Big Sagami Bay Tank チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明 相模湾大水槽のあたり一面がプロジェクションされ、花々が咲き渡るアート空間となる。 プロジェクションの光は、水槽照明よりもさらに弱いものだが、映像そのものが水槽照明に代わるやさしい光となって空間を照らす。そして大水槽の周りの花々は、魚が近くを横切ると、いっせいに散っていく。 作品は、あらかじめ記録された映像を再生しているわけではなく、魚たちの動きに影響を受けながら、永遠と変容し続け、今この瞬間の絵は、2度と見ることができない。 www.team-lab.net

花と魚- 相模湾大水槽 / Flowers and Fish- Enoshima Aquarium Big Sagami Bay Tank
チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明

相模湾大水槽のあたり一面がプロジェクションされ、花々が咲き渡るアート空間となる。
プロジェクションの光は、水槽照明よりもさらに弱いものだが、映像そのものが水槽照明に代わるやさしい光となって空間を照らす。そして大水槽の周りの花々は、魚が近くを横切ると、いっせいに散っていく。
作品は、あらかじめ記録された映像を再生しているわけではなく、魚たちの動きに影響を受けながら、永遠と変容し続け、今この瞬間の絵は、2度と見ることができない。

www.team-lab.net
画像: 呼応する球体と夜の魚たち / Resonating Spheres and Night Fish チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明 夜の水族館の空間は、光の球体に囲まれている。光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかっ たりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、そのまわりの球体も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響 かせる。そして次々にまわりの球体も連続していく。 www.team-lab.net

呼応する球体と夜の魚たち / Resonating Spheres and Night Fish
チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明

夜の水族館の空間は、光の球体に囲まれている。光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかっ たりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、そのまわりの球体も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響 かせる。そして次々にまわりの球体も連続していく。

www.team-lab.net
画像: 呼応する小さな海 / Small Resonating Sea チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明 人が水槽のガラス面に近づくと、水槽の光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その近くの水槽も呼応し、同じ光のに変化し音色を響かせる。そして次々にまわりの水槽に連続していく。 www.team-lab.net

呼応する小さな海 / Small Resonating Sea
チームラボ, 2015, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽:高橋英明

人が水槽のガラス面に近づくと、水槽の光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その近くの水槽も呼応し、同じ光のに変化し音色を響かせる。そして次々にまわりの水槽に連続していく。

www.team-lab.net
画像: お絵かき水族館 / Sketch Aquarium チームラボ, 2013 この水族館は、みんなが描いた魚たちが泳ぐ水族館です。 「紙」に自由に魚の絵を描きます。すると、みんなが描いた魚と共に、目の前の巨大な水族館で、その魚たちが泳ぎ出します。自分達の描いた魚に触ることもでき、触られると魚は、いっせいに逃げ出します。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。 www.team-lab.net

お絵かき水族館 / Sketch Aquarium
チームラボ, 2013

この水族館は、みんなが描いた魚たちが泳ぐ水族館です。
「紙」に自由に魚の絵を描きます。すると、みんなが描いた魚と共に、目の前の巨大な水族館で、その魚たちが泳ぎ出します。自分達の描いた魚に触ることもでき、触られると魚は、いっせいに逃げ出します。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。

www.team-lab.net

チームラボカメラ / teamLab Camara
チームラボ, 2015

「teamLabCamera(チームラボカメラ)」とは、自動的に撮影を行うFacebook連動型のデジタルサイネージです。サイネージの前に立ち、手をかざしてスタートボタンに触れると、自動的に撮影が始まり、様々な加工を施された画像が、Facebookページにアップロードされます。
スタートボタンを選択すると、画面にフレームが現れます。制限時間内にポーズを決め、その瞬間を撮影します。写真は自動で加工され、完成した写真は「えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015」の特設Facebookページにアップロードされるので、自由にダウンロードやシェアすることができます。

えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム2015
(会期)2015年7月18日(土)~2015年12月25日(金)
(会場)新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1)
(開館時間)17:00~20:00
※17:00から開催する夜間スペシャルイベント
(料金)
大人2,100円、高校生1,500円、小・中学生1,000円、3歳以上600円
※水族館の入場料金のみでご覧いただけます
※高校生の方は生徒手帳等をご提示ください
(お問い合わせ)0466-29-9960
(アクセス)小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅より徒歩3分
江ノ島電鉄「江ノ島」駅より徒歩10分
湘南モノレール「湘南江の島」駅より徒歩10分
(主催)新江ノ島水族館、チームラボ、日本テレビ放送網

This article is a sponsored article by
''.